Blog

ダイナミックフルーツについての一考察

2015.12.15Cat:Blog 営業
5621acc00ca403a7d1ab7278e2fa84f6_s

ダイナミックフルーツという果物屋さんをご存知でしょうか。

「八百屋なんですけど、余ったフルーツを買ってくれませんか?」

と、街角で突然声をかけられたら、それはダイナミックフルーツです。

その唐突さと、怪しさと、それとは裏腹な売り子の爽やかさが余計に怪しく、ネット上ではたいへん評判が悪いようです。

(リンクは貼りませんので、各自ググってみてください)

事業をしらべてみた

以前から存在は知っていたのですが、最近たまたま見かける機会があったので、ダイナミックフルーツについて調べてみました。(どちらかと言えば好意的な部分を)

公式HPによると、株式会社ダイナミックフルーツという会社が行っている主な事業は下記のようなものがあるそうです。

  • 法人向けフルーツデリバリー『オフィスdeフルーツ』事業
  • オフィスに新鮮なフルーツを定期配達する事業。オフィスグリコのようなものですね。

  • フルーツギフト事業
  • 価格を抑えた高級フルーツをお歳暮、お中元用に配送します。

  • 定期宅配事業
  • 定期的に家庭に配送します。

  • ダイナミックフルーツ事業
    昔ながらの行商スタイルで、元気いっぱいの販売員が訪問販売。

そう、よく話題になっている「ダイナミックフルーツ」というのは、「株式会社ダイナミックフルーツ」が行う一事業だったんですね。

おそらく行商スタイルのダイナミックフルーツ事業は、「株式会社ダイナミックフルーツ」のなかでもメイン事業だと思うのですが、それを足掛かりににオフィスや家庭への定期販売へと事業をシフトしていっている途上なのだと思います。

がんばれ、ダイナミックフルーツ!

労働マルチや、詐欺などといった非難を(主にネット上で)されていて、それについての実際のところはわからないのでなんとも言えませんが、私自身はダイナミックフルーツについて好意的に考えています。

青果小売業(いわゆる街の八百屋さん)の廃業率は、全事業種のなかでもトップクラスです。
昭和51年に野菜生産出荷安定法が施行され、野菜の価格の著しい低落が禁止されました。
八百屋の低迷はそれ以降、緩やかに始まったと言われます。

末端のお客さんと相対で取引をする八百屋というビジネスモデル自体が廃れていく状況で、ダイナミックフルーツが(非難はありつつも)支持され、拡大していることは評価されていいのではないでしょうか。

今後とも注目したいです。

Author Profile

HashimotoHiroki
» 投稿一覧
  • Launch Cart次世代ECサイト構築システム 初期月額無料
  • LaunchMovie ECに特化した動画制作サービス

Archive

ページTOPへ