Blog

よく使うgitコマンド

2016.01.26Cat:git
git-logo

目次

  • git config
  • git fetch
  • git branch
  • git status
  • git diff
  • git add
  • git commit
  • git log
  • git push
  • git pull
  • git config

    commitした時等に表示される、ユーザーの名前、メールアドレスを設定する。

    gitで使われるエディターを設定する。vimなど。

    コマンドを使用したときに、わかりやすいようにgitが色をつけてくれる。

    パーミッションの変更、ファイル所有者の変更を無視する。

    git configの設定を確認する。

    git fetch

    リモートブランチの最新の情報をローカルに持ってくる。

    git branch

    {new-branch}というブランチが作成される。
    例えば、
    git branch develop/f.hogeda/permata_bank_20160119
    と打つと、develop/f.hogeda/permata_bank_20160119というブランチが作成される。

    ローカルリポジトリのブランチをすべて表示する。

    リモートリポジトリ込みのブランチをすべて表示する。

    リモートリポジトリをそのまま複製した{new-branch}というブランチが作成される。originというリモートリポジトリにdevelop/f.hogeda/permata_bank_20160119というブランチがあった場合、 
    git branch develop/f.hogeda/permata_bank_20160119 origin/develop/f.hogeda/permata_bank_20160119
    と打った場合、ローカルリポジトリにdevelop/f.hogeda/permata_bank_20160119というブランチが作成される。
    {リモートリポジトリ名}は.git/configで確認する。

    git status

    リポジトリ内ファイルの新規追加、編集、削除を確認する。

    git diff

    全ファイルに関して、前回のコミット(HEAD)からの差分を確認する。

    特定ファイルに関して、前回のコミット(HEAD)からの差分を確認する。

    インデント等の変更は無視して、差分を確認する。

    ブランチ間の差分を確認する。

    git add

    リポジトリ内の新規追加、編集、削除されたファイルをコミットするリストに追加する(ステージングエリアに追加する)。
    例えば、
    ・./aaa/a1.scala
    ・./bbb/b1.scala
    ・./bbb/b2.scala
    というファイルが新規追加、編集、削除等のいずれかされたとする。
    git add ./aaa/a1.scala
    と打つと、該当ファイルがステージングエリアに追加される。また、
    git add ./bbb/
    と打つと、b1.scala、b2.scalaともにステージングエリアに追加される。

    リポジトリ内の新規追加、編集、削除されたファイルをすべてコミットするリストに追加する(ステージングエリアにすべて追加する)。

    git commit

    ローカルリポジトリにコミットする。コマンドを叩くと、エディターが開いてコメント入力が求められる。コメント入力後にコミットされる。

    エディターが開くコメント入力を省いたやり方。

    git log

    コミットのログを確認する。

    ブランチ名のログを確認する。リモートも可。

    コミットのログを1行で表示させる。

    コミットのログをファイル名とどのように変更したかを確認する。

    git push

    ローカルブランチをリモートブランチに反映させる。

    git pull

    リモートブランチをローカルブランチに反映させる。

    Author Profile

    mizutani
    » 投稿一覧
    • Launch Cart次世代ECサイト構築システム 初期月額無料
    • LaunchMovie ECに特化した動画制作サービス

    Archive

    ページTOPへ