Blog

rails admin + deviseを利用して管理画面を自動生成する

2016.05.24Cat:Rails
ruby-on-rails-training-courses

Ruby on Railsの管理画面自動生成には、typus等様々なものが存在しますが、今回はrails adminとdeviseを利用した管理画面生成を記事にしてみました。

1.deviseのインストール

今回は割愛します。

2.管理画面を利用したいmodelにdeviseを追加する

3.deviseが追加されたmodelの調整を行う

deviseをmodelに追加された際には、
:database_authenticatable, :registerable,:recoverable, :rememberable, :validatableが自動的に追加されます。
管理画面を生成する際は、:registerable,:recoverable,を削除するのが一般的なようです。
もし、上記を削除した際には、deviseを追加した際に、上記のカラムがmigrationに追加されますが、
Recoverableとreset_password_tokenの部分も同様に削除します。

調整が完了したらrake db:migrateを実行します。

4.Gemfileにadmin_railsのgemを追加し、bundle installを実行

そしてそのあと、rails g rails_admin:installを実行し、rails_adminのconfigファイルを生成する。

5.rails_adminとdeviseの連携を行う

config/initializers/rails_admin.rb
にて

と元もとコメントアウトされている部分を外す。

6.routeの設定を行う

7.rails consoleより管理画面ユーザーの追加

8.リロードを行い、root_url/adminにアクセスする

所感・参考

30分ぐらいで完成します。

rails admin git hub
rails admin demo site

Author Profile

mizutani
» 投稿一覧
  • Launch Cart次世代ECサイト構築システム 初期月額無料
  • LaunchMovie ECに特化した動画制作サービス

Archive

ページTOPへ