Blog

Symfony2からAmazon RDSへの接続

2016.05.17Cat:AWS 開発
aws

rds
下記事項をSymfony2を適切な箇所に設定します。

今回はRDSインスタンスの作成は省略させていただきました。
エンドポイントは、データベースの作成完了後、RDSのダッシュボードで確認ができます。
name.abcdefghijklmn.ap-northeast-1.rds.amazonaws.com:3306
のような形で表示されています。

例としては下のようになります。

注意点

  • 他サーバー等から接続する場合は、セキュリティユーザーのインバウンドに接続元のIPアドレスを追加する必要があります。(xxx.xxx.xxx.xxx/32等)。
  • MySQLのバージョンは5.5以上を選択した方が良さそう。
    error_aws

Author Profile

mizutani
» 投稿一覧
  • Launch Cart次世代ECサイト構築システム 初期月額無料
  • LaunchMovie ECに特化した動画制作サービス

Archive

ページTOPへ