Blog

使わないともったいないIT健保で安くなるモノ

2016.01.19Cat:Blog IT業界 その他
5f7379ba2228551dd75e088c7fdfeade_s

行政に申請すれば補助金や給付金がもらえたり、同じビルに入っているレストランで社員証をみせると割引が受けれたりと、自分が実は対象者である事を知らずに損をしているという事が良くあります。

私が所属する会社で働く人は「関東ITソフトウェア健康保険組合(以降 IT健保」という社会保険に入っているのですが、この社会保険の加入者なら受けられる割引がたくさんあったのでまとめてみました。東京近辺でIT関連の職場で働く方は同じ社会保険に入っている可能性が高いので確認してみてください。

スポーツジムがほぼ半額で利用できる!

1

一度はジム通いをしてみようかなと考えたり、既に通っている人も沢山いると思いますが、以下の3つなら半額で利用できます。

・コナミスポーツクラブ(都内に50施設以上)

・セントラルスポーツ(都内に70施設以上)

・へるすぴあ

申し込み手続きやカードの発行手数料などで1000円ほどかかるようですが、その後は1回利用の料金が半額になります。

施設によって設備の充実ランクが異なるのでそれぞれ価格が違います。例えばコナミスポーツクラブの2ランクは通常一回利用が1512円ですが、保険加入者なら750円で利用できるので、週に2回ジムに行く場合なら6000円とかなりお得です。

月額利用の場合は法人会員として一般よりも安い価格で利用できます。

「コナミ」や「セントラル」という名前でないジムも同じグループに属していて利用できる場合があるようなので、近くにあるジムを調べてみてください。

コナミスポーツクラブの施設

セントラルスポーツの施設

スポーツジムについての詳細はこちら

 

旅行に最大1万円の補助金が出る!

2

IT健保のHPからITS旅行センターという旅行代理店へのリンクがあり、こちらで企画する旅行パックならIT健保からの補助金を利用できます。

補助金は1人1泊につき3500円の補助金がもらえ、1回の旅行で最大1万円となります。

パック旅行自体がそもそも高いのかなとも思ったのですが、色んなパックを見てみましたがお手頃な価格が多いようです。

ハワイ5日間で97900円のパックがあったり、どちらかというと安い方かなと思います。

旅行の申し込みと補助金の申請についてはこちらに詳しく出ています。

 

ITS旅行センターが契約している保養施設であれば、さらに1泊あたり最大5000円の補助が出ます。

例えば9500円のホテルに泊まると9500円-3500円の補助金-5000円補助金=1000円になるという破格の施設もあります。

4

パートナー施設の一覧はこちら

 

保養施設という名の高級宿泊施設が格安で利用可能!

3

通常だと1泊あたり2万円する宿泊施設を被保険者なら5400円程度で利用できます。

IT健保のWEB申請メニューから予約をすることで安く利用が可能です、被保険者と一緒なら1泊10000円程度で利用できます。

保養施設は多数存在するので色々と探してみてください。

詳しくはこちら

保養施設への移動 JRの運賃が2割引き! バカンスクーポン

IT健保の保養施設を利用する際に、JTBで電車の切符を購入すれば2割引きになります。

詳しくはこちらで

 

会員限定の赤坂の高級鮨店が利用できる!

5

IT健保に入っている人とその同伴者限定というお店の利用が可能です、高級感漂う店内で一般庶民は普段利用できなそうな感じのお店です。

一番惹かれた鮨屋のメニューはこんな感じです。→http://tabelog.com/tokyo/A1308/A130802/13021339/dtlphotolst/1/smp2/

利用できる飲食店についてはこちら

薬が安く買える!

基本的には常備薬という事に限定されるようですが、風邪薬などが通常よりかなり安く買えます。

例えばパブロンSa錠(45錠×2)という風邪薬の場合、ドラッグストアやネット通販では2300円ほどするようですが、800円で購入する事ができます。

詳しくはこちら または「TOCOTOCO」というIT健保から定期的に送られてくる冊子をご覧ください。

Author Profile

  • Launch Cart次世代ECサイト構築システム 初期月額無料
  • LaunchMovie ECに特化した動画制作サービス

Archive

ページTOPへ