Blog

JavaScriptでオブジェクト指向のプログラムを組む初歩の紹介

2016.01.05Cat:javascript デザイナー

最近はJavaScriptを使ったWEBページ上のアプリがどんどんリッチになってきており、
それに合わせてプログラムの規模も大きくなることが増えてきています。
プログラムの規模が大きくなってくると、
いかにメモリを浪費しない、効率的なプログラムを記述するかということが重要になってきます。
そこで重要になってくるのが、オブジェクト指向のプログラミング方法です。

オブジェクト指向とは、繰り返し利用するプログラムを部品として定義しておき、
それを組み合わせてプログラムを組んでいく方法です。

 

C++、C#、JAVA、PHPといった言語でオブジェクト指向のプログラムを行う場合は、
クラスというものを使います。

 

JavaScriptでも、IE、Operaを除く最新のブラウザではクラスを利用することができますが、
現在のところはprototypeという仕組みを使うのが通常です。

 

Canvasなどで同じ図形を同時に大量に描画するようなプログラムでは欠かせないプログラムの方法ですので、
私も使いこなせるように実務でも積極的に使っていきたいです。

 

参考図書

ブレイクスルーJavaScript フロントエンドエンジニアとして越えるべき5つの壁―オブジェクト指向からシングルページアプリケーションまで

 

 参考サイト

PHP: クラスの基礎 – Manual

Classes – JavaScript | MDN

Author Profile

ninomiya
ninomiya
Webデザイナー兼コーダーです。 イラストを描くのも好きです。 SVGとCanvasを使ったWEBアプリにも興味があります。 よろしくお願いいたします。
» 投稿一覧
  • Launch Cart次世代ECサイト構築システム 初期月額無料
  • LaunchMovie ECに特化した動画制作サービス

Archive

ページTOPへ