Blog

スマートフォンの新潮流「DSDS」対応端末

2017.01.10Cat:ハードウェア 役員
Screenshot_2017-01-06-16-01-38-329_com.miui.home

まずはこの画像をご覧下さい。

アンテナマークが二箇所ありますね。

今回新しく紹介する、DSDSはDual SIM Dual Standbyの略で、2枚のSIMで2枚の待受をするという意味です。

つまり、2回線で同時待ち受けが出来るということです。

厳密に言うと、SIMを2枚挿せる端末は古くからあったのですが、今までは4G/3G&2Gという組み合わせで日本では2Gの電波自体が飛んでいないため、普及というか知られる存在ではありませんでした。

それが去年2016年あたりから、4G&3Gという組み合わせが出来るAndroid端末が出始めました。

DSDS最大のメリット

何故このDSDSを紹介するかというと、このメリットに尽きます。

格安SIMのデータ通信とキャリアの音声SIMを組み合わせられる。

通常のキャリアSIMを利用する場合は、現在はデータとかけ放題がセットになったプランしか選択肢がありません。

つまり、最低でも7000円程度が維持費として掛かるわけです。客単価をそういう風にしようとキャリア3社横揃いで決めているわけです。

また、格安SIMの音声通信をセットにするというプランも同じように価格を抑えることは出来ます。本来、通信料を抑えたい人はSIMフリー端末を購入してこのパターンが正攻法です。

このDSDS端末は、auの音声と格安SIM、Softbankの音声と格安SIMといった組み合わせが可能で、MNPで本体を安く購入するチャンスや家族割りなどの適用の幅が広がるわけです。

ただ、対応バンドの違いによる電波の掴みや契約プランとの相性なども残っているようですので、くれぐれも自己責任でお願いします。

あと、デメリットと呼べるものは特にないです。1枚挿しで他の端末と同様に運用出来るので。

DSDS対応機種

基本SIMフリー端末になります。上述の通りキャリアのSIMロック端末からは、想定客単価を崩してしまうので絶対に発売されることはないことでしょう。

amazonでDSDSと検索してヒットした商品を掲載しておきます。3万円台から購入でき、今後もDSDS対応機種はたくさん出てくるでしょう。

まとめ

今までは、Ymobileと無制限のポケットwifiというコンボが私の中では最適だと判断して運用していましたが、ちょうど2年契約と共に月々割りも終了し、通信料が上がってしまうところでしたので、次の最善を検討していましたが、2年前は格安SIMもDSDS端末も普及していなかったので、まさに2016年から始まった新潮流といえるでしょう。

私はカケホーダイではない、昔からあるFOMAの料金プランに魅力を感じ、DSDSにて運用をしています。

これにより、タイプSバリュー1500円(無料通話2000円相当)とデータ通信6GB1500円の計3,000円でデュアルSIMによる通信料の最適化を図っています。

YmobileではMNPで通信量2倍になるキャンペーンをやっているので、もし2年後まだ継続していれば、単純にまたMNPで出戻りしようかなと思っていたりしますが、また、今は存在しない選択肢が登場するんだろうなと思っています。

Author Profile

mezaki
mezaki
スターフィールド株式会社/代表取締役/副社長/EC/レスポンシブWebデザイン/Web制作/システム開発/lamp/.net/1985年生/2008年早大卒/西東京市/ひばりが丘/新宿区/高田馬場/江戸川区/瑞江/B級グルメ/料理/自作PC/熱帯魚/MBA11/ipad3rd/iphone4
» 投稿一覧
  • Launch Cart次世代ECサイト構築システム 初期月額無料
  • LaunchMovie ECに特化した動画制作サービス

Archive

ページTOPへ