Blog

symfonyでバルクインサート・アップデート

2016.09.27Cat:PHP Symfony プログラマー

バルクインサート/アップデートとは?

一言で言えば「一括でデータの挿入・更新をする」です。

symfonyではDoctrineというモノを経由して
データの登録・更新処理をしています。

メリットデメリット

メリット
一括でアプリケーション側から実施するためデータ更新のタイミングがズレない
一つでも失敗したら全て例外として”実行されない”

デメリット
大量のデータ更新・登録の際にDBへの負荷が大きい
上記に伴って失敗したら何も更新されない

デメリットの解消法

サーバーのスペック等によって一括処理のしきい値をアプリケーションレベルで設定する。

以下はSymfonyのDoctrineを介した更新時の例

概要は
「データ登録毎にカウントしていき、しきい値に達した時点で初めて登録を実行する(flush)」

Author Profile

ohba
ランニングと音楽とヲタトーク好きプログラマーです。 数学と英語を勉強中です。 DeepLearning始めました!
» 投稿一覧
  • Launch Cart次世代ECサイト構築システム 初期月額無料
  • LaunchMovie ECに特化した動画制作サービス

Archive

ページTOPへ