Blog

店舗・企業のロゴを立体で作りたいけど種類と価格はどうなの?

2016.07.19Cat:Blog その他

切り出して立体にしたロゴを看板やエントランスに設置している会社をよく見ますよね、あれってどこに発注すればいいのかなと思い調べてみました。発泡スチロールで自作できるなんて記事も見かけましたが、カッコイイものを作る時はケチらない方が後々良い気がしたので業者を探す方向で調べてみました。

立体ロゴ・立体文字の材質と種類

そもそも業者に発注すると、どういう材質になるのか調べてみると、聞きなれないワードが沢山出てきました。

カルプ切文字

ウレタン樹脂をカットして作成する、ロゴでは複雑な形も再現できる

アクリル切文字

アクリル板をレーザーなどでカットして作成する

金属切文字

アルミやステンレスの金属板を切り出して作成する、スタンドを使い浮かせて設置すると影を落とす事ができる

 

上の3つが主な材質でした。種類としては切文字と箱文字があります。これらのワードで検索するとかなりの業者がヒットしてくると思います。

箱文字についてはチャンネル文字とも呼ばれているようです。

 立体ロゴ・文字の価格はいくらするの?

価格はそれぞれの業者によってかなりバラつきがありました、やはり手作業が主な業者は高いようです。

共通して言えるのは材質でいうと、とアクリルが一番安く、形状でいうと切文字の方がやすいです。

アクリル<カルプ<金属

切文字<箱文字

それでいくらなんだ?という事ですが、サイズや文字数にもよるので参考価格が分かる業者サイトを集めてみました。

1

2

3

作った立体文字をどう設置するのか?

Author Profile

  • Launch Cart次世代ECサイト構築システム 初期月額無料
  • LaunchMovie ECに特化した動画制作サービス

Archive

ページTOPへ