Blog

デバッガの導入

2019.02.19Cat:開発

はじめに

デバッガなるものを導入しました。

平たくいえばやった内容は
・文字列や数値以外のデータ可視化
です。

使ったツールはVisual Studio Code.
開発環境は仮想環境に入ってるものとします。

導入の流れ

まずはエディタのダウンロードです。
ここから

次にVisual Studio Code(以下VSC)上でPHPのデバッガをインストール・設定します。

そして設定。
Debug → Add Configuration → PHP を選択
以下の差分を追記。
該当行の左側にデバッグ対象としたい仮想環境のディレクトリを記述します。

リモート側の設定。
まずはdebugするソフトウェアのインストール。
今回はphp5.6用のrepositoryを使用。

そして設定。
以下の行をコメントインして有効化します。

あとはデバッグ開始すればブレークポイント貼ったり
データの中身見たり色々出来ます。

デバッグ機能で改善される問題1

冒頭に書いた通り
ただのログ出力だと数値や文字列などしか見られません。工夫すれば配列も見られますが。
しかも基本的には見る画面が一つ増えます。。

Before/After.

デバッグ機能で改善される問題2

リアルタイムで分岐点とその時のデータ内容の確認が出来ます。

デバッグ機能で改善されない問題

これは好み、慣れなどの問題ですが筆者はIDEよりvimの方が使い勝手が良いため
圧倒的に速度が違います。

デバッグ機能振り返り

CUIだけではカバー出来ないところはとても便利ですね。
エディタとしての慣れの問題も含めると
上手く使い分けて場面に応じて活用していければベストかなと思います。

Author Profile

ohba
ランニングと音楽とヲタトーク好きプログラマーです。 数学と英語を勉強中です。 DeepLearning始めました!
» 投稿一覧
     
  • Launch Cart越境ECカート

Archive

ページTOPへ