Blog

Webアプリケーション Structure ー MVVM 紹介

2018.03.13Cat:アプリ プログラム 開発

今まで、プロジェクトはMVC基準についに

前のブロック初心者向け、プログラマーロジックトレンドに紹介してMVC理念

アプリケーションStructureの原本の目的はチームにとしてプロジェクト開発を易いため使いです。

設計チーム、データチーム、開発チームぞれそれのタスクで影響少ないため、MVCStructureを使う。

 

今回紹介したMVVM(Model View ViewModel)にも同じ目的です。

MVVMの面白い場所はControllarなしで

全てJSで作業可能です。

Model: データ

ViewModel: データ処理

View:表示形

誕生

2005年に、マイクロソフトのWPFおよびSilverlightアーキテクトであったJohn Gossmanが自身のブログでModel-View-ViewModel (MVVM) パターンを発表しました。MVVMとFowlerのプレゼンテーションモデルは、両方ともビューの状態と動作を含んだ形でビューを抽象化しています。Gossmanはユーザインタフェースの作成を簡素化するために、WPFの活用コア機能への標準化された方法としてMVVMを導入し、一方、FowlerはビューのUIプラットフォームに依存しない抽象化を作成するための手段としてプレゼンテーションモデルを導入しました。その意味で、一般的なPMパターンをWPFとSilverlightのプラットフォームにより特化したものになるようにMVVMを検討しています。

–Wiki

発展

今はデータの大爆発時代で、googleをサーバーの負荷下ろすため、MVVMのStructureを使う。

全てはajaxやjsをBuildして、サーバーのメモリーや一切使わせて、逆に使う顧客のメモリーを喰える。

今代表的にはAngular js。アンドロイドにもこの技術を使ってる。

 

利点:有効にサーバーの負荷を降ろす

欠点:ユーザーのCPUやメモリーや使う環境を考え必要

Author Profile

Kyo Taku
» 投稿一覧
  • Launch Cart次世代ECサイト構築システム 初期月額無料
  • LaunchMovie ECに特化した動画制作サービス

Archive

ページTOPへ