Blog

Google Maps Geocoding APIを利用して郵便番号から住所を取得する

2016.04.19Cat:開発

郵便番号から住所を取得するAPIは多く存在しますが、今回はGoogle Maps Geocoding APIを利用して取得してみました。

特徴

Google Maps Geocoding APIを使用すると、日本の住所だけでなく、日本以外の国の住所も取得できます。特定の国の住所だけを取得したい場合は、 2文字のISO 3166-1国コードも一緒に送られてきているので、それで限定すればいいかもしれません。

サポートされているものに限られますが、住所を返してくれるときの言語も指定できます。ただし、すべて網羅してその言語に対応しているわけではなく、対応していない部分は英語で返ってきます(サポートされるドメイン言語のリスト)。

日本の郵便番号はハイフンが入っていますが、Google Maps Geocoding APIはハイフンあり、なし両方対応してくれます

LaunchCartは、海外発送や多言語対応が簡単にできるECシステムですが、登録画面でこれを利用すれば、ユーザビリティが高まりそうですね!

デモ

デモ

参考

Google Maps Geocoding API – Google Developers

Author Profile

mizutani
» 投稿一覧
  • Launch Cart次世代ECサイト構築システム 初期月額無料
  • LaunchMovie ECに特化した動画制作サービス

Archive

ページTOPへ