Blog

Symfony 2.0 からSymfony2.8まで アップデート

2017.08.09Cat:Symfony 開発

はじまり

時代が進むとプロジェクトの更新にも必要です

今まで、LaunchCartのフレームワークは2011年に発表されたSymfony2.0ですか、今の時代に色々要求を合わせるように、6年前のフレームワークにするとちょっと機能は少ないので、アップデートが必要です。

Symfonyは何ですか

Symfonyは2011に正式は発表されたWeb アプリケーションフレームワーク。簡単に説明するとブローグ見たいにタイトルと内容を入れって後に、「公開」ボタンを押すとアプリケーションフレームワークは自動できにブローグを特定の位置に発表する。これはWeb アプリケーションフレームワーク。

作業時間

環境準備 2〜3時間

(プロジェクトによって変わりますが LaunchCartに例として)

プロジェクト廃棄ソース入り変え 三日

動きテスト 二日

手順

1・先ずはSymfony 2.8の動き環境を準備です

apache 2.2/2.4 いずれで大丈夫

php 5.6 以上 (php56に依存するpluginも一緒)

以下はphpインストール例(CentOS 6.X)

phpのプロジェクト管理ツール composerのインストール

2. 新しSymfony 2.8のプロジェクトを作ります

workspaceの中に下のコメントを立って

 

composerは自動的にプロジェクトを作ります。

その後は、apacheを設定して起動します。

ウェブサイトて先作ったsymfonyのプロジェクト動きをチェックする

もしこの画面を見れると動き環境は問題ない。

もしエラーが出る場合

php56に依存するpluginを足りないの可能性が高いので。pluginをチェックしてください。

3。プロジェクトのコードをコーピペイ

[src/]以下のファイル全部新しいプロジェクトに移動する

コーピペイの前にSymfonyの機能グループ(Bundle)をcomposerの中に自動loadするを設定して。

railsのautoloadと同じように、このプロジェクトをはじまり時、幾つ機能を準備するのは自動load。

 

設定終わって後、「自動loadのファイルを更新しました」てcomposerに伝えます。

準備終わりと

Symfony 2.0のコードをコーピペイをはじまり。

コーピペイの順番にもあります

お勧めは

  1. symfonyのフレームワーク設定系(app/config下の設定ファイル )
    1. 修正途中 以下のコメントを立って、設定エラーチェックした方がいいです

2. DBに関連するモデル(Entity)を コーピ

コピー終わり後、以下のコメントを実行してDBに関連するモデルの書き方をチェック

2.0から2.8までデータベースのエラーチェックたくさん変わってる、このコメントをリストしたエラー一個ずつ直します。

3.残りの全部

残りの修正はtwigに関連するは多いです。

一個一個修正が必要。

終わり

フレームワークソースの更新を大変なことで、でも終わり後、たくさん役を立ってるかの。

Author Profile

Kyo Taku
» 投稿一覧
  • Launch Cart次世代ECサイト構築システム 初期月額無料
  • LaunchMovie ECに特化した動画制作サービス

Archive

ページTOPへ