Blog

中国はすでにもう一つの経済超大国となったようです。 昨年の小売売上はアメリカを追い越すかもしれません。

2018.01.16Cat:EC

みずほ銀行の推定によると、
2018年の中国の小売売上は、5.8億ドルに上る可能性があって、
これはアメリカと同じ水準か、アメリカを超える可能性もあります。
これはシンガポールの「連合早報」サイトが1月14日に引用した「ワシントン・ポスト」の記事です。
この数字は、中国がすでにもう一つの経済超大国になったことを意味すると伝えています。

中国の巨大な消費市場は、世界の多くの企業を吸い寄せ、中国の多くの消費者を満足させています。これについて、中国商務部の専門官は、中国の消費力の上昇は、消費の質を向上させ、多様性をもたらしているとしています。
中国とアメリカの市場は、それぞれの長所短所を補い合い、中米貿易をさらに発展させています。

現在、中国の消費市場は、さらなる多様化、高品質化、個性化に向かって発展を続けています。自由貿易区の建設推進によって、さらに多くの関税ゼロ商品が中国に輸入されるようになっています。これまでに15の自由貿易区が誕生し、8千あまりの関税ゼロ商品が実現しました。

さらに、中国のeコマースは相変わらず強力です。
中国商務部のデータによると、2017年、eコマースの取引成立売上額は、対前年で26.8%アップしました。1~11月、全土のネット小売売上額は64306億元に上り、32.4%アップしました。このうち実物商品の小売売上額は49144億元で、27.6%アップしました。商品のカテコリ別に見ると、食品が29.4%、衣料が18.0%アップしました。

日々成長する中国の消費市場は、中国がもう一つの経済超大国になったことの象徴です。これはトランプ米大統領の中米貿易均等の目標を脅かしてしまうことになるかもしれません。

Author Profile

  • Launch Cart次世代ECサイト構築システム 初期月額無料
  • LaunchMovie ECに特化した動画制作サービス

Archive

ページTOPへ