Blog

購入代理ビジネスは「黄信号」でしょうか? 中国の “電子商取引法”には、そうしたねらいがあります。

2018.09.14Cat:EC

購入代理には、面倒な面もありますが、実際にはそう難しくありません。購入代理をビジネスにしている人がカナダにはたくさんいます。毎月の収入は1万元以上です。しかし、この最新のニュースによって、購入代理ビジネスはほんとうに大丈夫でしょうか? 規制の実施後、すべての購入代理は厳格に規制されます。一度規則に違反したら罰金は最大200万元になります! たとえば北米の健康製品、ヨーロッパの高級品、韓国の化粧品、オーストラリアの粉ミルク、日本のトイレの蓋など、人々の生活に溶け込んでいるこれらの海外の商品は、たぶん手頃に購入代理をするのが難しくなるでしょう。
具体的な規制はどういうものですか? 購入代理にどのような影響がありますか?



 
キーポイント:
1 購入代理をするには、購買国と中国の営業許可が必要になります。
2 税金を支払う必要があり、脱税すれば刑事責任を負います。
3 中国のラベルがなければ、国家認証された認定管理認証工場の粉ミルクではないことになります。
この法律ができれば、購入代理は正式の電子商取引事業者となり、許可を取得し、税金を支払わなければなりません。
 
電子商取引事業者とはどのようなものでしょう。
電子商取引事業者:TaobaoやJingdongなどの電子商取引プラットフォームでの購入、WeChatの友人サークルでの個人事業、ライブブロードキャストプラットフォーム(YouTube)での販売を行うブロガーなどがすべて電子商取引事業者になります
 
管理方法
1.登録が必要です 
食品を購入代理するには、食料流通の許可を申請する必要があります。
「電子商取引法」は、中国のラベルがなく、国家認証および認可管理機関によって生産されておらず、成分登録証明書のない粉ミルクをオンラインで販売することを明確に禁止します。
2.法律に従って税金を払わなければなりません。

カナダの購入代理への影響
国家認証管理局によって生産されていない外国産粉ミルクと健康製品は販売できません。多数の健康食品や食品の購入代理に大きな影響があります。
電子商取引法第26条では、国境を越えた電子商取引に携わる電子商取引事業者は、輸出入監督管理に関する法律、行政規制及び関連する州の規則を遵守しなければならないと規定しています。食品安全法および製品品質法では、食品成分表示の規制が厳しくなります。
これ以外の商品の購入代理でも、税金や許可に費用がかかります。購入代理する商品が中国国内商品と価格差がなくなり、購入に時間もかかるようになれば、消費者は購入代理を利用しなくなるでしょう。
この点に関して、英国の購買代理は「気にしていない」と言いました。個人的なビジネスなので、やめても大した損害ではないからです。でも事業が大きいと大変です。
以前、カナダで購入代理を手伝ったことがある留学生のCは、購入代理にはさまざまな方法があり、必ずしも商品を自分で持って入国するわけではないとのことでした。規制が導入されても、購入代理した商品を数回に分けて中国に持ち込めば、見つけることは難しいようです。
 

法律導入のメリット
「電子商取引法」は電子商取引プラットフォームをつぶしてしまおうとするものではなく、消費者により良い購買環境をもたらすために、電子商取引による購入代理を規制する有益な法律です。
1 偽物が少なくなります。
電子商取引法が施行されれば、WeChatを使って、偽物や劣悪な商品を購入代理することは難しくなるでしょう。実際、規制はますます厳しくなり、偽造品を購入代理する機会はますます小さくなります。
2 電子商取引プラットフォームは、偽物を売った購入代理と連帯責任になります。

議論はまだ続いています。
電子商取引法にはいくつかの問題点があります。例えばオーストラリア人の購入代理は、「私はカナダの居住者であり、中国の電子商取引法は私に適応されないない」と言いました。
もう一つの問題店は、友人をビジネスに利用しているのかどうか、境界が曖昧だということです。この点に関し、海外からの購入代理は「インターネットなどの情報ネットワーク」を通じて「営業活動、サービス提供」および「営業活動」の要件を満たしていると考えている弁護士もいます。論点はビジネスかどうかです。友達の購入代理を手伝うために海外に行く消費者は、友達として許容される範囲なのかということではなく、彼らの行動が「ビジネス活動」として認識されるかどうかの問題であって、購入金額、渡航回数、滞在期間などが参考になります。
最も議論がある問題は、電子商取引法の落とし所です。一般的な枠組みを定めるだけで、具体的な規定がなければ、実効性がないという人もいます。現実的な問題は解決されません。
こうした規制によって、購入代理は本当に完全になくなってしまうのでしょうか? 規制にすぐには実効性がないとして、この業界はあとどれくらい持続可能でしょうか? 私は購入代理がますます困難になるのではないかと心配しています。それでも一歩一歩先に進んで行くしかありません。

Author Profile

  • Launch Cart次世代ECサイト構築システム 初期月額無料
  • LaunchMovie ECに特化した動画制作サービス

Archive

ページTOPへ