Blog

【ミャンマー語】Macでの文字化解消方法

2019.03.12Cat:グローバル ミャンマー

先日社員総会をミャンマーで行い、ミャンマー語混じりでプレゼンをする機会があった。

基本は英語でも良いのだが、当社の理念や越境ECというような重要なキーワードはミャンマー語でも訴求したいと思い翻訳してもらいパワポにコピペするのだが、どうやっても文字化けしてしまう。

これは実際のパワポ

 

分かりづらいがミャンマー語は文字化けしてしまっている。

 

今回ミャンマー語表記したい箇所はそこまで多くなかったので仕方なくミャンマーで文字をpngにしてもらいプレゼン資料を完成させた。

しかし今後のことを考えると解決しておきたい問題と考え調べてみた。

 

ブラウザの文字化け

いろいろと試行錯誤したのだが、ミャンマー語の場合はブラウザとそうでない環境(パワポ、ワードなど)と分けて問題を解決したほうが早いと個人的には結論に至った。

ブラウザの文字化けの解決は超簡単。

https://chrome.google.com/webstore/detail/myanmar-font-tools/ckhifbinlmakgeidlbbmplikmcofaedf?hl=ja

Chromeであればこちらのプラグインをインストールするだけ。

 

Firefoxは

https://addons.mozilla.org/ja/firefox/addon/mua-web-unicode-converter/?src=search

 

Safariはプラグインというか拡張機能として自動変換してくれるものは無いようで、以下のような手動での変換ツールを使うしかなさそうだった。

https://itunes.apple.com/jp/app/rabbit-converter/id1219960370?mt=12

 

Chromeに上記プラグインをインストールする前

 

インストールした後

ちゃんと表示された!

 

その他環境(パワポ、ワードなど)

ミャンマー語はUnicodeに対応したフォントがあり、公的機関ではこれが基本的には利用されているし、Macにも初期状態でインストールされているようだ。

しかしなぜか文字化けしてしまうのは、ZawgyiというUnicode非対応のフォントが一般的であり、こちらを使っていることが多いからだという。

なのでZawgyiを入れておけば解決できる。

それを提供しているのがこちら。

http://unobusa.org/

具体的な活動内容はミャンマー語のためわからなかったが、おそらくZawgyiや他のミャンマー語フォントをあらゆるデバイスで使えるようにするという活動をしているのではないかと感じた。

Macの場合は

http://unobusa.org/2010/10/30/zawgyi-font-in-a-mac-osapple-video/

ここからダウンロードしてFont bookにインストールすれば使えるようになる。

インストール後「Zawgyi-One」というフォントを指定すれば

このように文字化けせずきれいに表示された。

 

iPhone

iPhoneも「Zawgyi-One」のフォントをインストールすればOK。

MyFont – Myanmar Fontというappをインストールする

Essentialsをタップ

Zawgyi-Oneを選択

フォントをインストール

インストール

文字化けせず表示されるように

 

まとめ

Macでのミャンマー語表示は、ブラウザとその他環境で別々の対応をするとスムーズ

 

Author Profile

hoshino
ECのことを中心に書きたいと思います。 ネタが無いときはプログラムやデザインのことも書きます。
» 投稿一覧
     
  • Launch Cart越境ECカート

Archive

ページTOPへ