Blog

世界アプリ売上高、上期ティックトック3位

2020.07.03Cat:アジア グローバル

アプリ市場を専門とする米調査会社センサー・タワーは6月30日、上半期(1~6月)の世界モバイルアプリのランキングを発表しました。北京のバイトダンスが展開する動画投稿アプリ「抖音」とその海外版「ティックトック」は売上高で3位に入ったほか、ダウンロード数では6億2,600万回で首位となりました。
抖音とティックトックは、米アップルのアプリ配信サイトApp Storeと米グーグルの「グーグルプレイ」で4億2,100万米ドル(約452億円)を売り上げました。

売上高1位は米マッチ・グループが運営するマッチングアプリ「ティンダー」で4億3,300万米ドル。2位はグーグル傘下の動画投稿アプリ「ユーチューブ」で4億3,100万米ドルだった。
中国勢では4位にテンセントの動画アプリテンセントビデオ、7位にバイドゥ傘下の動画アプリ「アイチーイー」がランクインした。
■上海拠点の人員を2万人に拡大
ネットメディアのほうはい新聞によると、バイトダンスは今後3年で上海拠点の人員を2万人に拡大する計画です。EC関連事業の拡充に伴い、人員を補強します。
バイトダンスは2014年に上海支社を設立し、累計投資額は75億元(約1,140億円)に達しています。従業員数は6,000人超で、うち研究開発(R&D)の技術者、IT人材などが2,000人と3分の1を占めています。

いかなる状況でも乗り越えている中国IT企業は、世界をリードしていく流れは止められません。

Author Profile

越境ECの最新情報

人気の記事

越境EC関連の記事

月から探す

ページTOPへ