Blog

共同購入サイトに罰金、5社が価格法違反

2021.03.05Cat:アジア グローバル

中国国家市場監督管理総局(SAMR)は3日、オンラインの共同購入サイトを運営する5社に対し、総額650万元(約1億800万円)の罰金を科したと発表した。競合を排除するためのダンピングなど、「価格法」に違反する不等な価格操作を行っていたためとしています。

罰金の行政処分を科されたのは共同購入サイト

◇「橙心優選」を運営する橙心優選(北京)科技発展

◇「多多買菜」の上海禹璨(yu can)信息技術

◇「美団優選」の深セン美団優選科技

◇「十薈団」の北京十薈科技

◇「食享会」の武漢七種美味科技

の5社。

それぞれECやIT大手の滴滴(北京小桔科技)、拼多多(上海尋夢信息技術)、美団点評、アリババグループ、テンセントの傘下企業または出資を受けている企業です。

5社はダンピングのほか、消費者をミスリードする価格操作も行っていました。SAMRは今回の摘発に至った背景について、資金力のあるオンラインプラットフォームが不当な安値で日用品や食品を販売し、「社区」と呼ばれるコミュニティーの小規模な実店舗が打撃を受けていると指摘。ダンピングによって競合を排除した上で価格をつり上げようとする不正な競争戦略は、消費者利益を深刻に損なうものでもあると批判しました。

中国政府はインターネットサービス大手への締め付けを強めており、SAMRは昨年末以降、価格法または「反不正当競争法」に違反したとして、今回の5社以外にもアリババグループ、JDドット・コム、唯品会(vip.com)が運営するネット通販に相次いで罰金を科しています。

Author Profile

越境ECの最新情報

人気の記事

越境EC関連の記事

月から探す

ページTOPへ