Blog

アリペイの15周年にちなんで、 アリペイオフィシャルが教える8つの豆知識

2019.12.10Cat:グローバル

1、アリペイ(支付宝)は、最初の名前ではなく、
最初の名前は、「担保交易」と言いました。
見ず知らずの人の間で安心できる取引という意味です。

2、アリペイ(支付宝)とタオバオ(淘宝)の名前は、
いずれも、馬雲氏が作ったではなく、新入社員からの提案です。

3、アリペイ(支付宝)第1号の取引は、なかなかユーザーに信用してもらえなかったため、カスタマースタッフが自分の一ヶ月の給料をユーザーに見返りとして約束して、やっと信用してもらえました。

4、アリペイ(支付宝)最初の広告イメージキャラクターは、王さんという芸能人で、彼は「アリペイ(支付宝)あれば、もう泥棒がいなくなる」と言いました。

5、最初のアリペイ(支付宝)は、ボタンひとつで、支払い完了ができませんでした。スピード支払いができるようになる前は、毎回3回ボタンを押さなければなりませんでした。

6、最初のアリペイ(支付宝)は、すべての取引を、人が確認しなければなりませんでしたので、毎日確認する必要な書類が一人あたり1メールの高さになりました。

7、アリペイ(支付宝)のエリート幹部は、定期的にカスタマサービスのスタッフとして勤務する必要がありました。ある時あるユーザーが、あなたはこの問題を解決できませんので、馬雲氏を呼んできてくださいと言うと、カスタマスタッフは、はい、私が馬雲本人です。続きどうぞと言いました。

8、ある社員は、会社の戦略に不満があって、直接社長に進言した結果、やりたいことを自由にやっていいですとの許可がおりました。そして、第1号QRコート版アリペイ(支付宝)ができました。

Author Profile

越境ECの最新情報

人気の記事

越境EC関連の記事

月から探す

ページTOPへ