Blog

南京在住の日本人監督、現地の感染対策を映像で紹介 中日両国で話題に

2020.03.10Cat:グローバル

【新華社南京3月10日】日本のドキュメンタリー監督、竹内亮さんが中国江蘇省南京市の新型コロナウイルスによる肺炎の感染対策を紹介した動画を公開し、大きな反響を呼んでいます。動画は日本のニュースサイトのトップページに取り上げられ、コメントも多数寄せられました。中国でも複数のソーシャルメディアや動画サイトに掲載され、再生回数はあっという間に1千万回を突破しました。
竹内さんは動画を制作した目的について「より多くの日本人が中国の新型肺炎対策を理解することで、危機意識が高まれば」と話していました。

竹内亮さんは、南京の街並みやショッピングモールなどを見て周り、地下鉄やタクシーにも乗車して感染対策を自ら体験。日本に少しでも参考になればとの思いから、さまざまな業種の現状を映像に収めました。

動画では、マンションの部屋にカメラマンを呼ぶために30分かけて手続きする様子や、ファストフードでの「非接触型サービス」、地下鉄乗車時に義務化されている2次元バーコードのスキャン、小学生の息子が受講するオンライン授業、企業の営業再開時の厳しい条件など、さまざまな感染予防対策が紹介されています。

Author Profile

越境ECの最新情報

越境EC関連の記事

月から探す

ページTOPへ