Blog

「ものづくり」の発想

2013.01.23Cat:営業

あまり有名ではないですが、一世風靡した「ゲームボーイ」の産みの親、横井軍平さん。

任天堂という大企業から発売されたのは最先端技術の塊ではなく、電卓の液晶を流用したちょっと発想を転換したものでした。

「ものづくり」をどういうふうにとらえるべきか、改めて考えさせられる「枯れた技術の水平思考」という一冊です。

ゲームに限らずどれもどの業界でも以下のことを考えて「ものづくり」をしています。

・お客様に提供する商品は何がいいのか?

・どういったサービスを求めているのか?

・それに対するコストは?

原点に立ち返るため、考えをほぐすのにおすすめの一冊です。

求めるもの商品、サービスとコスト。すべてを成り立たせるためのは難しいですが、発想の転換によって可能になるかもしれない、と私も意識をしてお客様にご案内できるよう勉強していきます。

 

 

Author Profile

Sterfield
» 投稿一覧
  • Launch Cart次世代ECサイト構築システム 初期月額無料
  • LaunchMovie ECに特化した動画制作サービス

Archive

ページTOPへ