Blog

【WordPress】CSVをアップロードするプラグインを作ってみた

2015.03.20Cat:wordpress 制作

具体的に言うと、CSVをアップロードしてJSONに変換するプラグインで、

最終的にはフロントのJSで取得するというのを目的としたもの。

 

以下、WPのプラグインの作り方を含めて内容の説明。

 

1. WPのプラグインをつくる

用意する(した)ファイル

– csv.php // プログラムが書いてある

– data // 生成したJSONを入れるフォルダ

以上の2点。

 

これらを適当なフォルダの中に入れ、

wp-content/plugins/

に配置する。

今回は

wp-content/plugins/csvUploader

とした。

 

csv.phpの中身

行頭に上記を記述。

それだけでアイキャッチ画像のように、プラグインメニューに追加される。

 

スクリーンショット 2015-03-20 20.03.58

次に左図の最下部のように、メニューに表示させるため、以下のコードを追記。

 

これでプラグインの作成は完了。

 

2. ファイルをアップロードする処理

ファイルをアップロードするだけであればこれだけでOK。

 

今回はCSVを扱うので、fgetcsvで1行ずつ$csvの配列に格納する。

 

3. JSONに変換して保存

$csvを$dataに好きな形式で整形して渡す。

その後json_encodeをして保存。

 

 

 

Author Profile

hoshino

ECのことを中心に書きたいと思います。
ネタが無いときはプログラムやデザインのことも書きます。

» 投稿一覧
  • Launch Cart次世代ECサイト構築システム 初期月額無料
  • LaunchMovie ECに特化した動画制作サービス

Archive

ページTOPへ