Blog

オリジナルアイコンをWebフォントで使ってみよう

Webフォントは、最新のブラウザやスマートフォンやタブレットPCで利用できるだけでなく、

形式によってはIE6などでも利用することができます。

 

なんとなくとっつきにくいイメージがあったのですが、調べてみると、

サービスも広がっていて、今後実際に自分で使う機会も増えていくように感じました。

 

今回調べた中で、自作したアイコンをWebフォントに変換して利用する方法がありましたので、

実際にやってみることにしました。

(参考サイト:仕事で使える、アイコン作画のコツとSVG変換のススメ

↓こちらが作ってみたものです

DEMO

 

方法

 1.SVGのアイコン画像を準備する

参考のサイトでは、Fireworksを使った方法でしたが、

今回はIllustratorでアイコンを制作し、SVGで出力する方法を使いました。

i.画像の準備

Illustratorでアイコンを制作

パスツールなどを使って画像を制作します。

ポイントは、シルエットにし、重なった部分は「パスファインダー」などを使って合体させておくことです。

合体させておかないと、Webフォントにしたときに、意図した形にならないことがあります。

 

また、Webフォントに変換してしまうと、グラデーションはもちろん、色の情報はなくなってしまうので、

黒一色で制作するとわかりやすいです。

 

ii.SVGで出力

できたら、「ファイル」→「Webおよびデバイス用に保存」で、保存形式をSVGに設定し、書き出します。

SVG形式で出力

 

2.SVGをWebフォントに変換

IcoMoonのWebアプリを使ってWebフォントに変換します。

サイトはこちら→http://icomoon.io/app/

i.ファイルを選択する

IcoMoon ファイルを選択

「import Icons」をクリックして画像を選択して(複数選択可)、

その後下に表示されたアイコンをクリックして選択します。

 

ii.アイコンをあてる文字を選択し、データをダウンロード

フォントをあてる文字を選択

アイコンをあてる文字をそれぞれ選択します。

ここで選択した文字を入力したときに、その文字にあてたアイコンが表示されることになります。

フォント名を「Preferences」から指定することができます。

入力が終わったら、下のDownloadのボタンからデータをダウンロードしてください。

 

3.HTML+CSSで実装する

IcoMoonでダウンロードしたデータに、フォントのセットと、CSS等のサンプルが入っています。

こちらを利用して、Webフォントを指定していきます。

HTML

アイコンをあてる文字のみ、<span>などでクラスをつけます。

CSS

ダウンロードしたデータに入っているstyle.cssにある「@font-face」をコピー&ペーストし、

対象のクラスにフォント名を指定します。

あとは装飾などをCSSで指定すれば実装が完了します。

大きさを自由に変えられるので、Retinaなどの高解像度のデバイスでも安心です。

 

アイコンを制作する時間や手間が取れないときは、多くのWebフォントアイコンを公開しているサイトもありますので、

是非ご利用してみてください。

画像の代わりに使えるアイコンタイプのWebフォントのまとめ

 

参考サイト:

アイコンのWebフォント化:

http://www.slideshare.net/r360studio/css-nite68-iconv3

Webフォントの形式と対応状況:

http://tech.nitoyon.com/ja/blog/2012/04/26/web-font-popularity/

 

 

Author Profile

ninomiya
ninomiya
Webデザイナー兼コーダーです。 イラストを描くのも好きです。 SVGとCanvasを使ったWEBアプリにも興味があります。 よろしくお願いいたします。
» 投稿一覧
  • Launch Cart次世代ECサイト構築システム 初期月額無料
  • LaunchMovie ECに特化した動画制作サービス

Archive

ページTOPへ