Blog

デザインや文字の修正依頼で活躍しそうなサービス「AUN」

「あうんの呼吸でコミュニケーション」というキャッチコピーで、キャプチャを撮り、それにメモを加えて遅れるというサービスが最近出来たそうです。

前にも海外のサービスでこういうのがあった気がしたのですが、
少し使いづらかったのかあまり記憶に残ってないです。。。

コチラのほうが断然使い勝手は良さそうだなという感じです。

webサイトの制作で修正が発生すると、それを伝えるのが結構大変なこともあります。
社内のみならいいのですが、お客さんや別事務所にいるスタッフにいる時なんかは、
デザインの修正を電話やメールで伝えたりしますが、
どうしても「どこの部分?」「どんな風に?」というやりとりをしながら確認していくことになり、
双方が大変になります。
たまにお客さんでwebサイトをプリントアウトして、それに書き込んでそれをデータをして送ってくれ、
それはほぼ齟齬がなく修正できるのですが、かなり労力がかかってしまいます。

このサービスは「伝える側」と「受け取る側」が共にわかりやすい指示を簡単に作成できるかと思います。

簡単にこのサービスの特徴を説明すると、
・無料、会員登録の必要もなし
・URL、画像、クリップボードから修正ファイルを登録できる
・URLの場合、BASIC認証もいける
・トリミング機能あり
・短縮URL発行、パスワードもかけられる

といった感じでしょうか。

では使い方を見て行きましょう!

 

AUNの使い方

TOPページにURLを記入する欄がありますが、
そこでURLを入れてボタンを押すだけで、キャプチャを撮りメモを記入する画面に移ります。
ちなみにBASIC認証がかかっているページでもOKです。

URLがない場合は、「画像ファイル」「クリップボード」を使うこともできます。
2ビジュアルコミュニケーションツール - AUN[あうん]

 

画像をアップすると、トリミングをすることもできます。

メモを記入する画面は以下の通り、
3ビジュアルコミュニケーションツール - AUN[あうん]

 

修正箇所を囲むとメモ書く吹き出しが出てきて、「メモを追加」を押すと、右側の「メモリスト」に追加されキャプチャには番号付きの赤線囲み線ができるので、どこが修正箇所なのかわかりやすくなっています。

完成し「保存する」を押すと、

 

4ビジュアルコミュニケーションツール - AUN[あうん]

 

タイトル、パスワードを設定することができます。

そして保存をすると、共有URLが発行されますので、それを送れば相手側が見れるようになります!
保存期間は7日間で、経過すると削除されるようです。

これはいいサービスですね!
「伝える側」にとって非常にいいツールになると思います!

 

ビジュアルコミュニケーションツール – AUN[あうん]

 

最近web制作会社にとって便利なツールがどんどん出てきていて、
効率的に進められるようになって気がします。

Author Profile

Y.A
アベと申します。 ディレクター兼デザイナー兼コーダーです。 まだまだ未熟者ですが、日々頑張っています。。。
» 投稿一覧
  • Launch Cart次世代ECサイト構築システム 初期月額無料
  • LaunchMovie ECに特化した動画制作サービス

Archive

ページTOPへ