Blog

JSONデータの難読化について調べてみました

2014.10.28Cat:javascript PHP デザイナー

WebGLなどCanvas上でグラフィックを扱う場合、

JSON化されたデータを読み込んで、表示するという手順がよく使われることになると思います。

このJSON化されたグラフィックデータなのどデータには、ユーザーにダウンロードされて流用されることを避けたいものも多いかと思います。

Flashなどのプラグインを使った場合は、コードをユーザーに見られないようにすることができるので、このリスクを避けられますが、

HTML5でJSONを扱う場合はJavaScriptを使って読み込むことになるため、

ユーザーがHTMLやJavaScriptからデータの場所をたどってJSONデータがダウンロードされるリスクが高まります。

 

そこで、JSONデータを難読化して、簡単にはJSONデータが利用できないような仕組みについて、

調べて実際にやってみました。

 

↓こちらが作ってみたものです。

DEMO

 

方法

1.JSONコードを暗号化する。

参考サイト: JavaScript難読化のためのヒント

今回はこちらの記事を参考に、暗号化を試みてみました。

 

2. 暗号化前のJSON本体はPHPで読み込み、URLを伏せる

暗号化前のJSONデータはPHPで記述したURLからアクセスするようにして、

ユーザーからは直接URLがわからないようにしました。

 

3.暗号解読のJavaScriptコードも暗号化する。

JavaScriptコード自体も暗号化して、より難読生を高めます。

ただ、暗号解読のコードは記述せざるを得なかったりするので、

飽くまでも、解読するための手間を多くするのが限界です。

 

その他参考サイト

シーザー暗号 – Wikipedia

PHPリファレンス(ord())

 

Author Profile

ninomiya
ninomiya

Webデザイナー兼コーダーです。
イラストを描くのも好きです。
SVGとCanvasを使ったWEBアプリにも興味があります。
よろしくお願いいたします。

» 投稿一覧
  • Launch Cart次世代ECサイト構築システム 初期月額無料
  • LaunchMovie ECに特化した動画制作サービス

Archive

ページTOPへ