Blog

WEB上での3D表現について、2Dと比較した強みと弱みを考えてみました

2018年は3Dの表現を使ったサイトが増えると予想されています(参考:PHOTOSHOPVIP)。実際、パララックスやWEBGLなど使ったウェブサイトを見かける機会が少しずつ増えています。

しかしながら、いざ3Dの表現を取り入れてみようと思っても、これまでずっとWEBは2Dでデザインを行ってきたこともあり、3Dの表現がどのような場面に向いていて、どのような使い方をすれば効果的なのか、なかなか思いつかなかったため、自分なりにメリットとデメリットを考えてみることにしました。

メリット

リアル(現実の見た目に近い)

  • 臨場感、シズル感が求められるものに効果的
  • 状態を想像しやすい

空間が広い ⇔ 奥行きがある

  • 多くの情報を取り扱える可能性(重なる箇所への案内がネックになる)

現実との連続的表現がしやすい(AR)

  • 現実に近い状態で、大きさなどの確認ができる
  • 非常に高い臨場感を表現できる可能性

表現の幅が広がる

  • 立体ならではの表現が直接的にできる
  • アート的表現の選択肢として
  • 立体ならではの UI の可能性

デメリット

デバイスへ要求するパフォーマンスが大きくなる

  • 軽量化の努力が必要
  • パフォーマンスの犠牲に似合った効果があるか、十分な検証が必要

操作が煩雑化しがち

  • 扱う軸が増えるので、その軸をどう扱うか、明確に定義する必要がある
  • 現実と同じ操作はできない。あくまでも 2D への擬似的な表現なので、現実とのギャップがある
  • 現実と操作が違うので、共通化された操作を用いるか、慣れるまでの練習の機会が許されるか、操作説明がなければ、ユーザーは操作できない

設置の難易度が高い

  • 3D の知識
  • デバイス、ブラウザに求められる最低パフォーマンスの高さ
  • 利用できる空間の制限 ⇔ ある程度面積がなければ、2D の場合より複雑がゆえに視認性が下がりメリットが薄くなりがち

Author Profile

ninomiya
ninomiya
Webデザイナー兼コーダーです。 イラストを描くのも好きです。 SVGとCanvasを使ったWEBアプリにも興味があります。 よろしくお願いいたします。
» 投稿一覧
     
  • Launch Cart越境ECカート

Archive

ページTOPへ