Blog

WebGLの動作環境まとめ

2013.06.25Cat:html5 WebGL デザイナー

ブラウザ上でFlashを使わずに3Dのグラフィック描画を可能にするHTML5での新技術のWebGLですが、

動作環境が限定されているのが現状です。

 

とはいえど、今後利用範囲が拡大していくことは確実ですので、

まずは利用できる環境を知りたいと思ったので、まとめてみました。

 

WebGLの動作環境として特徴的なのは、

他のHTML5技術ではブラウザ環境だけが制限の要因となることが多いですが、

WebGLではグラフィックボードを利用しているため、

グラフィックボードのOpenGLへの対応状況が制限の要因となってきます。

つまり、ブラウザが最新でもPCが古い場合は利用できないこともあるということです。

※追記→最新のChromeでは、グラフィックボードが対応していなくても、ブラウザ側で再現してしまうので、

問題なく使えるようです。

 

OpenGLの対応状況

OpenGL 1.x OpenGL 2.x OpenGL 3.x OpenGl ES 2.0 OpenGl ES 3.0
×

○:対応 △:ブラウザの設定変更が必要 ×:非対応

 

PCブラウザの対応状況

Firefox 4 以降 Chrome 9 以降 Safari 5.1以降 Opera 12以降 IE 11以降
○になりそう

○:対応 △:ブラウザの設定変更が必要 ×:非対応

 

スマホのブラウザの対応状況

Android iOS
Firefox for Mobile 以降 Opera Mobile 12 以降 Google Chrome for Android 25 以降 Android ブラウザ 以降
○(android 4以降) △(iAdのみ)

○:対応 △:ブラウザの設定変更が必要 ×:非対応

 

スマホの場合、「Enable WebGL」というアプリをスマホに導入することで、

非対応のブラウザでもWebGLを利用可能になるようです。

 

ユーザーがWebGLを有効にすれば利用可能になるブラウザも多くあるので、

クッキーの説明のように、WebGLについての設定を載せるなどして、

作る側が利用拡大を模索していくことも、WebGLの普及には重要かもしれません。

 

 

Author Profile

ninomiya
ninomiya

Webデザイナー兼コーダーです。
イラストを描くのも好きです。
SVGとCanvasを使ったWEBアプリにも興味があります。
よろしくお願いいたします。

» 投稿一覧
  • Launch Cart次世代ECサイト構築システム 初期月額無料
  • LaunchMovie ECに特化した動画制作サービス

Archive

ページTOPへ