Blog

オンライン決済システム比較

2014.04.15Cat:役員 決済

新サービス来た!

https://spike.cc/

ということで、一気にこの業界もプレイヤーが増えましたね。

我々もECカートを展開していて、決済サービスは切っても切り離せない関係でむしろ、自分たちでやりたいくらいです。

 

ということで現在(2014年4月15日時点)で各種サービスの違いや手数料を比較してみたいと思います。

これを受け、他社がどのように反応をしてくるのか見ものです。

オンライン決済サービス比較 
サービス名 SPIKEフリープラン WebPay Yahoo!ウォレットFastPay VeriTrans Air
初期 0円 0円 0円 30,000円→0円(2014年6月30日まで)
月額 0円 0円 0円 0円
VISA,MASTER 0円  3.25%  3.25% 3.6%→3.2%(2014年6月30日まで)
JCB,AMEX,DINERS 0円  3.40%+10円  未対応 3.6%→3.2%(2014年6月30日まで)
備考  月商100万円まで  コンビニ払い対応

昨今のオンライン決済サービスの特徴は、専門的な技術を必要としないことを売りにしています。

ただし、この中でSPIKEだけは異色であることがわかりました。他のサービスはAPIを準備し、すぐにシステム実装できると謳っていますが、SPIKEには、APIがなく管理画面で商品登録をしてそれに対するリンクを発行するものでした。

ニュースメディアでは横並びにオンライン決済サービスとして紹介されていますが、正確には、インスタントECの「BASE」や「STORES」に近いものになります。

SPIKEはさらにお店という概念を取り払い、ブログやら既存サイトにリンクを貼り付けるだけで購入ができる仕組みというものを提供しています。

よくみるとSPIKEはオンライン決済とは記載しておらず、オンライン販売と謳っていますね。

 

Author Profile

mezaki

スターフィールド株式会社/代表取締役/副社長/EC/レスポンシブWebデザイン/Web制作/システム開発/lamp/.net/1985年生/2008年早大卒/西東京市/ひばりが丘/新宿区/高田馬場/江戸川区/瑞江/B級グルメ/料理/自作PC/熱帯魚/MBA11/ipad3rd/iphone4

» 投稿一覧
  • Launch Cart次世代ECサイト構築システム 初期月額無料
  • LaunchMovie ECに特化した動画制作サービス

Archive

ページTOPへ