Blog

競合マーケティング分析ツール「spyfu」

2016.06.28Cat:マーケティング 役員

他サイトのマーケティング状況を把握出来るツールが登場しました。その名も「spyfu

他サイトのアクセス数が独自分析している「similarweb」のマーケティング版といったイメージでしょうか。

有料プランもあるのですが、無料でも十分過ぎるほどのデータを見れるようですので、日本トップランクのサイト「amazon.co.jp」で早速調べてみました。

ただ、ログインボタンから左で選択出来るように、今現在は、アメリカかイギリスのデータからの出力になっており、amazon.comと比較すると分かるのですが、データ量が圧倒的に異なります。

SpyFu_Keyword_Research_Tools___Domain_Overview___amazon_com

サマリー

SpyFu_Keyword_Research_Tools___Domain_Overview___amazon_co_jp

  • Orgnic Search(SEO)=自然検索数
  • Paid Serach(AdWords)=Adwords広告
  • JUST MADE IT TO THE FIRST PAGE=今月10位以内(1ページ目)にランクインしたキーワード数
  • JUST FELL OFF FIRST PAGE=10位以内から50位内に落ちたキーワード数

といったところがファーストビューで確認が出来ます。

驚くべきところは、ランキングの履歴を収集して10年、広告の履歴は3年7ヶ月と記載されており、どれだけ膨大なデータ量であるのか想像もつきません。

 

競合分析

SpyFu_Keyword_Research_Tools___Domain_Overview___amazon_co_jp

次のビューでは主に、競合の情報を確認できます。

左が自然検索の競合で右が広告の競合です。

自然検索では、あのkakaku.comがamazon.co.jpの競合として出現していました。自然検索のトラフィックの競合ということなので2位以下はアマゾンドイツ、アマゾンフランスなどがランクインしているのは納得がいくところです。楽天は出てこないんですね。

キーワード分析

SpyFu_Keyword_Research_Tools___Domain_Overview___amazon_co_jp

検索時キーワードのランキングと広告キーワードの比較です。

Adwordsの履歴は広告文が表示されるのだろうと思いますが、おそらく日本語表記なので文字化けっていました。

被リンク

SpyFu_Keyword_Research_Tools___Domain_Overview___amazon_co_jp

Inbound Links=被リンクですね。

被リンクのクリック数も分かるとはすごい。

まとめ

おもしろいツールが出てきました。

今まで気になっていたけど、分からなかったことが第三者のツールではあるが分かるというところにブレークスルーを感じます。

今はまだ、アメリカと英国版のみですが、日本に上陸してきてくれたら何としても使ってみたいツールです。

Author Profile

mezaki
スターフィールド株式会社/代表取締役/副社長/EC/レスポンシブWebデザイン/Web制作/システム開発/lamp/.net/1985年生/2008年早大卒/西東京市/ひばりが丘/新宿区/高田馬場/江戸川区/瑞江/B級グルメ/料理/自作PC/熱帯魚/MBA11/ipad3rd/iphone4
» 投稿一覧
  • Launch Cart次世代ECサイト構築システム 初期月額無料
  • LaunchMovie ECに特化した動画制作サービス

Archive

ページTOPへ