Blog

Android4.4の発表アップデートの提供は18ヶ月以内の発売端末?

2013.11.06Cat:Android 役員

 

Android4.4が発表されましたので、備忘録を兼ねてまとめてみました。

個人としては、Nexus7(2013)を初めて本格的に保有するAndroid端末として購入しました。

ipadも保有しておりますが、一言で比較をすると、Android断片化の影響を強く受けていると感じました。

ipadであれば、画面サイズが決まっているため、アプリにしろWebにしろ、最適化されたサイズ操作性というものが用意されていることが多かったのですが、Androidの7インチ端末となると、アプリがスマートフォンの比率で表示されたりすることがあるため、異様にボタンの類が大きかったり、WebではPCサイトのまま表示されると7インチでは非常に小さくなってしまったりと、CPUスペックも解像度も十分で動作は申し分ないのですが、UXの部分で厳しさを感じました。

上記の感想を抱いていただけに、Android4.4の発表は非常に興味深いものでした。

 

Nexus5と同時に発表されたものですが、主なポイントは下記になります。

  • 低スペックの端末でも動作可能
  • マルチタスキングの高速化
  • 統合されたメッセージアプリHungout
  • 絵文字の改良

ここで、述べた興味深い内容というのが、低スペックの端末でも動作が可能というところです。

新興国ではいまだにメモリ512MBなど日本の主流端末の1/4ほどのスペックが多いとのことですが、そのような端末でも動作が可能になるように隅々まで効率化と最適化をしたとのことです。

バージョンアップをするにつれて、機能が増え、表現がリッチになり要求スペックを挙げていき、低スペック端末を切り捨てていくというのがソフトウェア開発の主たる流れなのかと思っていましたが、Googleのこの判断は素晴らしいと思います。

私がフラッグシップ端末を買って、感じていた断片化をまず、GoogleがOSレベルで収束をさせようとしているため、今後に期待です。

 

アップデートの提供は18ヶ月以内の発売端末に限る

また 、リリース時期について、確認をしていたのですが、驚くべきことが分かりました。

GoogleのOSアップデートの提供基準が18ヶ月以内に発売された端末のみということです。

下記URLによると、GalaxyNEXUSは対象外になるということです。

断片化を取り除きつつもアップデートが18ヶ月以内というのは何とも矛盾するポリシーになっていますが、ここも今後に期待したいところです。

https://support.google.com/nexus/answer/3507867?hl=ja&ref_topic=3415518

 

参考サイト

http://www.android.com/versions/kit-kat-4-4/

http://jp.techcrunch.com/2013/11/01/20131031android-4-4-kitkat-google/

http://smhn.info/201311-what-change-android-kitkat 

 

Author Profile

mezaki
スターフィールド株式会社/代表取締役/副社長/EC/レスポンシブWebデザイン/Web制作/システム開発/lamp/.net/1985年生/2008年早大卒/西東京市/ひばりが丘/新宿区/高田馬場/江戸川区/瑞江/B級グルメ/料理/自作PC/熱帯魚/MBA11/ipad3rd/iphone4
» 投稿一覧
  • Launch Cart次世代ECサイト構築システム 初期月額無料
  • LaunchMovie ECに特化した動画制作サービス

Archive

ページTOPへ