Blog

Google翻訳ツールをWordPressに設置してみた

2014.10.14Cat:ソフト・ツール 役員

WordPressですと翻訳プラグインが多様にあるとは思いますが、今回はプラグインに頼らずに設置を試みました。
結果、Wordpressに限らず、およそ所用時間5分ほど、Google翻訳ツールを設定、設置できることが分かりました。

  • コストをかけずに対応したい。(人間翻訳相場が大体1文字〜10円で質や量に応じて増減)
  • もっとたくさんの言語に対応したい

というニーズって結構あると思います。

本当にECサイトを進出をする気概があるならば、きちんと翻訳をして、現地との物流網(配送業者、倉庫)を整理して、商慣習に合わせて、といわゆるローカライズをしなければならないと思いますが、スモールビジネスに近くなるとどうしてもそこまでコストを回せないというパターンがあります。

配送は多少高くてもEMS、じゃあ、サイトはどうしようという場合に、このGoogle翻訳ツールも一つの選択肢としてありえます。

設定方法

http://translate.google.com/translate_tools?hl=ja

まずは、上記URLにアクセスします。

screenshot

「今すぐウェブサイトに追加」をします。

ウェブサイト情報

screenshot

追加するWebサイトの情報を記載します。
今回は当社のコーポレートサイトのURLを記述します。

プラグインの設定

screenshot

今回はインラインを選択しました。

他にもGoogleアナリティクスの紐付けなどの詳細設定が可能です。こちらも調査のためアナリティクスも記載

コードを取得

プラグイン追加

screenshot

あっさりとコードが発行されました。
ここまで所要時間3分程度

上段のコードをタグの前に下段を表示させたい任意の場所に設置します。

ウェブサイト翻訳ツール

screenshot

一度コードを発行すると同URLで管理画面が表示されるようになります。
ここで、別の表示モードに変更をすることを出来ますのでお試し下さい。

実際にやってみた

screenshot

デザインを崩さないようにフッターのほうにさっと置きました。
タグの前にもちゃんと忘れずに設置しました。

screenshot

英語に翻訳してみました。

メインビジュアルは画像ですので、翻訳は当然されません。

「新宿区高田馬場のECサイト開発会社」は「EC site development company Takadanobaba, Shinjuku-ku」となり、
「世界をもっと身近に」という企業理念は「The more familiar to the world.」という何とも響きがよい感じになりました。

Author Profile

mezaki

スターフィールド株式会社/代表取締役/副社長/EC/レスポンシブWebデザイン/Web制作/システム開発/lamp/.net/1985年生/2008年早大卒/西東京市/ひばりが丘/新宿区/高田馬場/江戸川区/瑞江/B級グルメ/料理/自作PC/熱帯魚/MBA11/ipad3rd/iphone4

» 投稿一覧
  • Launch Cart次世代ECサイト構築システム 初期月額無料
  • LaunchMovie ECに特化した動画制作サービス

Archive

ページTOPへ