Blog

GoogleAppsの空き容量回復!ドライブのゴミ箱に要注意!

2013.11.26Cat:ソフト・ツール 役員

今まで気付かなかった!GoogleAppsの空き容量が復活する方法があったのでご紹介します。

弊社では、GoogleAppsを導入し、Gmail、Googleカレンダー、Googleドライブで業務を遂行しています。

無料プランが存在していた時に導入をしていたので、幸い50ユーザーまで無料で使うことが出来ますが、容量が15GBと制限されています。

この15GBの容量というのが、GmailとGoogleドライブを合算した容量となっておりまして、日々の業務を遂行する上で、プレゼン資料や、psdやaiファイルなどを共有しているとあっという間に数GBになってしまいます。

ですので、日々プロジェクトが終了すると、社内のローカルサーバにファイルを移動して、Googleドライブの容量を確保するという運用をしておりますが、先日気づくと既に14GBほど、空き容量が1GBを切っている状態になっていました。

定期的にGoogleドライブのファイルは移動しているし、

https://www.google.com/settings/storage

ここで容量を見てみると、Googleドライブが半分以上利用していることになっていました。

何よりPCで保存してあるGoogleドライブの容量と異なっていることが気になりました。

余計なファイルでもないかとWeb版のGoogleドライブにアクセスして判明致しました。

スター付き_-_Google_Drive-6

 

なんと左カラムに「ゴミ箱」なるものが!!!

ここに今まで削除したファイルがたんまり溜まっていました。

ゴミ箱を空にしたところ

ドライブ_ストレージ-2

 

5GB以上の空き容量が出来ましたとさ。

Web版は滅多にアクセスしないからそりゃ気が付かないって。

容量が逼迫している人はどうぞお試しあれ。

 

 

Author Profile

mezaki

スターフィールド株式会社/代表取締役/副社長/EC/レスポンシブWebデザイン/Web制作/システム開発/lamp/.net/1985年生/2008年早大卒/西東京市/ひばりが丘/新宿区/高田馬場/江戸川区/瑞江/B級グルメ/料理/自作PC/熱帯魚/MBA11/ipad3rd/iphone4

» 投稿一覧
  • Launch Cart次世代ECサイト構築システム 初期月額無料
  • LaunchMovie ECに特化した動画制作サービス

Archive

ページTOPへ