Blog

ITと観光・サービスの融合が拓く新ビジネス創出セミナーに参加して

2013.02.13Cat:役員 日記

2月8日に行われた「ITと観光・サービスの融合が拓く新ビジネス創出セミナー」

この内容は、弊社が最も重要視しているテーマでもあるので非常に興味深く聞くことが出来ました。

ITと観光・サービスの融合が拓く新ビジネス創出セミナー概要

セッションの内容

  1. 日本の伝統工芸品を全世界へ展開する「越境Eコマース」と「クラウドファンディング」
  2. Webサイトの高品質・高速・多言語翻訳エンジンによる外国人観光客向けサービス
  3. デジタルサイネージと”LANシート”による観光情報配信システム
  4. 屋内GPS”IMES”を用いた屋内外シームレス観光ナビゲーションシステムの実現
  5. ドットコード”Grid Onput”による観光ガイドブックとデジタルコンテンツの融合
  6. 興味と行動を繫げる次世代デジタルメディア「tab」と街の魅力発信
  7. 先端IT技術を活用したまちづくりプロジェクト東京ユビキタス計画

となっておりました。観光というとインバウンドグローバルという位置づけですが、弊社が提供する越境ECシステムはアウトバウンドグローバルに類します。この2つは、日本の国力を高める、外需、外貨を稼ぐという意味では密接に関わっており、アウトバウンドに発信した情報によって、国内への呼び込みが出来たり、インバウンドで呼び込んだ後に、越境ECのような仕組みが発展していると、物理的な距離を超えて、販売をすることが出来ます。

特にセッション1,2については、アウトバウンドグローバルにフォーカスし、またWebという舞台で展開している「越境Eコマースサイト」と「翻訳サービス」でしたので、非常にシナジーを感じました。今後、必ず接点が生まれるだろうなと思い、注意深く拝聴しました。

セミナー後の交流タイムでは、上述お二人のスピーカーの方に気になる質問をしてみました。

※核心にせまる部分は伏せます。

・顧客、提供先はどこが多いか?

越境EC→ヨーロッパの富裕層、翻訳サービス→中国語圏、英語圏の観光客を呼び込みたい日本企業

・ローカライズはどこまでやっていくか?

越境EC→機械翻訳に任せているが、今後、ローカライズの優先順位を合わせてマーケティング中。

・正直、ビジネスとしての温度感はどうか?

越境EC→まだまだ、これからという感じ。送料が高いというコメントや、返品・交換対応が難しいなど課題を解決していく必要がある。

まとめ

「観光立国」を産業政策の柱の一つとして国が掲げてはおりますが、このような事業をもっともっと積極的に民間が行ない、それに対して、行政がサポートをしていくという段取りが発展することを祈っています。

 

Author Profile

mezaki
mezaki
スターフィールド株式会社/代表取締役/副社長/EC/レスポンシブWebデザイン/Web制作/システム開発/lamp/.net/1985年生/2008年早大卒/西東京市/ひばりが丘/新宿区/高田馬場/江戸川区/瑞江/B級グルメ/料理/自作PC/熱帯魚/MBA11/ipad3rd/iphone4
» 投稿一覧
  • Launch Cart次世代ECサイト構築システム 初期月額無料
  • LaunchMovie ECに特化した動画制作サービス

Archive

ページTOPへ