Blog

SIMフリー端末にカスタムROMを焼いてみた

2016.01.12Cat:Android ハードウェア 役員

とあるSIMフリーのAndroid端末を既存の標準ROMから有志によって公開されているカスタムROMに書き換えるということをやってみました。

自分でも不思議なのですが、その上に乗っかるソフトウェアというのは興味が薄くて、ハードウェアが大好きです。

この感覚何が近いのかと考えていたのですが、小さいころに周りの人よりも異様にプラモデルが好きで100個くらいは持っていました。

そういう何かを自分の手で組み立てるというのが好きなんだと思います。

ここで、SIMフリー端末と書かせて頂いたのは、昨今のキャリアで販売されている端末はほとんどが多重の防止機構が施されており、今回紹介するようなことが出来ないからです。

さてさて軽く前提から紹介して行きます。

カスタムROMのメリット・デメリット

メリット

  • メーカーがROMの提供を停止しているような古い端末でも有志によって作られていれば最新OSを利用できる。
  • Androidピュアな状態であるため、余計なアプリが入っていなかったり、動作を軽快にするようチューニングされている。

デメリット

  • 開発者やバージョンによっては不安定。最悪起動しなくなるリスクも。
  • 全てのメーカー保証から外れる。

全て自己責任ということで、日本のメーカーはこういったことが起こらないし、させないようにロックを掛けているものだと思います。

カスタムROMを焼くまでのステップ

600px-Bootloader_simplified

最初に上図を理解しておくと分かりやすいです。

Androidの仕組みが最初にBootLoaderという領域が立ち上がりROMを読み込ます。

通常、一番左のBootLoaderという領域がロックされており、一方通行でROMの読み込みまで行きますが、まず、このBootLoaderをアンロックし、Recovery領域に入り、Recovery領域からROMを書き換えるというのが基本的な手順になります。

アプリ経由だったり、PCと接続する専用ツールだったりさまざまなやり方があるのですが、メジャーなやり方を一通り駆使やりました。

androidlover.netさんの記事を参考にさせて頂きましたが、Nexus5ではなくてもコマンドなどは一緒です。

 


  1. IMG_20150202_202521
    ブートローダーをアンロック
    http://androidlover.net/smartphone/nexus-five/nexus-5-bootloader-unlock.html
  2. twrpカスタムリカバリ TWRPを導入
    http://androidlover.net/smartphone/nexus-five/nexus-5-twrp-custom-recovery.html
  3. CyanogenMod_12_homescreen_englishカスタムROMを焼く
    http://andmem.blogspot.jp/2014/08/romwrite-twrp.html

まとめ

理解をするまでに右往左往して、途中起動が異様に遅く壊してしまったかなど、不安になりましたが、一度全工程を終えて理解をしたら、このROMの書き換えの工程は全部で10〜20分くらいで終わるのではと思える内容でした。

そして、情報の収集は2chのスレッドを全部読みすることが一番の参考になりました。

掲示板の意義はすごいと初めて実感した瞬間かもしれません。定期的に私のような初心者の方が分からないことを聞いて、煽る人と既出の内容も丁寧に教えてくれる人が入り混じり、情報が蓄積されていき、自分にとっても一番有用な情報、リンクを精査してなんとか目的まで辿りつくことが出来ました。

Author Profile

mezaki
スターフィールド株式会社/代表取締役/副社長/EC/レスポンシブWebデザイン/Web制作/システム開発/lamp/.net/1985年生/2008年早大卒/西東京市/ひばりが丘/新宿区/高田馬場/江戸川区/瑞江/B級グルメ/料理/自作PC/熱帯魚/MBA11/ipad3rd/iphone4
» 投稿一覧
  • Launch Cart次世代ECサイト構築システム 初期月額無料
  • LaunchMovie ECに特化した動画制作サービス

Archive

ページTOPへ