Blog

Web会議のためのデスクトップ画面共有サービス

2014.07.01Cat:ビジネス 役員

最近Web会議が多いです。

しかしながら、物理的に移動する時間が必要ないのはいいですね。
通常ですと移動時間は往復で1〜2時間を計算しながら、乗り換えなんかも含めるとなかなか有効な時間の使い方はできないものですが。

画面共有サービス

join.me

ソフトウェアをインストールする必要あり。
設定をする度にコードが発行され、そのコードを共有相手に伝えるだけで画面共有が可能になります。
コードは一度切断すると二度使えなくなります。

一番お手軽でした。

https://www.join.me/

Screenlea

ソフトウェアをインストールする必要あり。
アプリケーションを増やしたくないのでNG

http://www.screenleap.com/

sgSCREEN : Simple screen sharin

日本製でブラウザはChromeに限られますが、サインインなどはないのは非常にいいですね。
ただし、Chromeの拡張機能か、ブラウザ設定の変更が必要になります。
最低限の処理は必要になります。

https://screen.sonicgarden.jp/

Skype

言わずもがなですね。
もはやリンクも貼りません。

双方アプリケーションをインストールしておく必要があります。

WebRTCという技術

一昔前は、Web会議を行おうとしたら、ハードウェアから専用のものを用意する必要があったように思います。

今では、メジャーどころでいえば、skypeによるビデオチャット&画面共有という技が使えるし、上記で説明したようにブラウザさえあれば、専用のソフトすらいらないといった画面の共有方法まで出てきている。
sgSCREENが用いてるブラウザでの共有方法を調べてみるとWebRTC(Real time communication)という技術が使われていた。

http://www.webrtc.org/

WebRTCを調べてみると面白い。
apiが提供されていて、簡単なJavascriptを記述するだけでWebRTCを利用出来るようだ。

NTT Communicationsが以下のようなページを公開していて、デモが特にわかりやすい。

http://nttcom.github.io/skyway/

Author Profile

mezaki

スターフィールド株式会社/代表取締役/副社長/EC/レスポンシブWebデザイン/Web制作/システム開発/lamp/.net/1985年生/2008年早大卒/西東京市/ひばりが丘/新宿区/高田馬場/江戸川区/瑞江/B級グルメ/料理/自作PC/熱帯魚/MBA11/ipad3rd/iphone4

» 投稿一覧
  • Launch Cart次世代ECサイト構築システム 初期月額無料
  • LaunchMovie ECに特化した動画制作サービス

Archive

ページTOPへ