Blog

「adobe animate CC」が結構使える!Premiereにアニメーションを読み込む方法

2017.09.12Cat:Canvas プログラマー 映像

商品やサービスを紹介するためにアニメーションを使った映像が活用されますが、イラストを動かしてアニメーションを作成するのは結構骨の折れる作業です。

キャラクターを登場させて、説明させるような場合は1フレームずつ画を作らなくてはいけない事もあります。

そこで少しでも簡単にキャラクターをキャラクターを動かすことはできないかな?とリサーチしたところ、「どうやらadobe Animateが良さそうだぞ」という所にたどり着きました。

adobe Animateってなに?

そもそも何じゃそりゃ?ということですが、元の名前は「Adobe Flash Professional」でした。

「Flashは完全に消える事に…」というようなタイトルの記事がここ数か月のうちにたくさん出ていたので、これから始めるのはリスクがあるかなと思ったのですが、最近ではアニメ制作会社の一部でも使用しているとの事だったので、とりあえずどんな物か調べてみることに。

簡単にいうとFlashで良く行われていたアニメーションやゲームをHTML5やwebGlで吐き出せるというアプリケーションです。

そういえば、なぜadobe Animateが良さそうだと思ったかというと、1コマずつ作成しなくても、初めと終わりを設定すれば途中の画は自動で作ってくれるという、素晴らしい機能があります。

アニメーションをpremiereに取り込む方法

書き出しから「ムービーの書き出し」を選択します。

premiere側はメディアの読み込み時に一番最初の画像を選択して、画像シーケンスにチェックを入れれば読み込む事ができます。

 

 

Author Profile

  • Launch Cart次世代ECサイト構築システム 初期月額無料
  • LaunchMovie ECに特化した動画制作サービス

Archive

ページTOPへ