Blog

【自分の作品を公開するため】github入門

2014.01.07Cat:git プログラマー

そもそもどういうサービス?

githubはリポジトリ(プロジェクトの意味)を公開するためのwebサービスです。
開発チームがgitを使って開発を行うために、必ずしもgithubに登録することがありません。
あくまで公開(リリース)に向けてチーム(もちろん個人も)作業用のものになります。
※公開したくないもの(private repo)でもgithubで管理できますが、有料になります。

今回は、自分の作品を公開するためのgithubを利用した手順を紹介したいと思います。

githubに登録する前

gitがインストールされてるかを確認

Macなら、ターミナルから

のコマンドを実行し確認できます。

gitをインストール

まだインストールしていない場合は、gitの公式サイトからgitをダウンロードしてインストールすることができます。

gitの初期設定

ここを参考してください。

ユーザー登録

githubにアクセスして、ログインしていない状態なら、登録画面がでてくるので、フローに従って登録してください。

SSH公開鍵登録

githubにSSH公開鍵を登録しはじめて、SSHでgithubで管理するリポジトリを取得できるようになります。
また作業を進み、ローカルのものをgithubにpushするため、やはりSSH公開鍵の登録が避けられません。

公開鍵の作成とアップロードは、ここを参考してください。

githubでリポジトリを作成

公開するのはこのリポジトリになります。まずgithubの上で作成しなければなりません。

githubの画面(ログインしている状態で)の右上にから「+」のボタンをクリックして「New Repository」を選択し、容易に新しいリポジトリを作成できます。

作成したリポジトリをローカルにcloneする

実際にファイル追加・編集作業に使うのはローカルのリポジトリになります。
cloneするのに、下記コマンドを実行すればいいと思います。

ローカルでの作業を進む

ファイルを追加し、gitの管理上に置きます。(git add)
ある程度作業が進んだら、ローカルでcommitします。(git commit)

gitのコマンドについて、ここを参考してください。

または、「git cheatsheet」で検索してみてください。

githubに、ローカルの作業をpushする

ローカルの作業をgithubにあげるため、 下記コマンドを実行します。

※ masterブランチにのpushは、避けたほうが無難かと思います。
※ pushが成功するなら、この時点でもうgithubで見えるようになります(正式なものではなく、あくまで別ブランチ)。

githubでpull requestを実行

pull requestは、リポジトリの管理者に、「自分のソースコードを確認して使ってください」というリクエストです。
当たり前なことですが、このリクエストはgithubでしか行えません。
新しいpushがあるとき、「pull request」のボタンが自動的に現れます。

githubでブランチをmergeする

自分が管理者なので、「pull request」があったらページに表示されます。
ソースコードの差分が確認できたら、それを最新のバージョンとして取り込むことができます。
「merge pull request」のボタンを押せば、「pull request」されてきたものが正式なもの(masterブランチ)になります。

おまけ

Macなら、「github for Mac」という公式アプリがあります。
使い方はここを参考してください。

Author Profile

jeff_maj

システムエンジニア/1984年生/上海交通大学卒/Webサービス/EC/iphone/android

» 投稿一覧
  • Launch Cart次世代ECサイト構築システム 初期月額無料
  • LaunchMovie ECに特化した動画制作サービス

Archive

ページTOPへ