Blog

【CentOS6】phpmyadminをインストールしてみた

ダウンロードするではなく、yumからphpmyadminのパッケージをインストールする手順を紹介いたします。

yumでパッケージをインストールする

phpMyAdmin.conf設定の調整

インストールが完了したら、/etc/httpd/conf.dの下に、phpMyAdmin.conf の設定ファイルが出てきます。(大文字注意!)
中身を見てみると、

Aliasが二つ作られてて、
/usr/share/phpMyAdminに、phpmyadminの本体がインストールされていることが分かります。
ローカル(127.0.0.1、::1)以外もアクセスできるようにしたいなら、二つのIfModuleをコメントアウトをすれば良さそうです。

config.inc.phpの設定

/usr/share/phpMyAdminに、config.sample.inc.phpがあるので、それを使って、config.inc.phpを新規作成します。
設定箇所は大体下記になります。

権限変更

以上、設定が完了します。
動作確認だけ行って、使えるかどうか試してみましょう。

Author Profile

jeff_maj

システムエンジニア/1984年生/上海交通大学卒/Webサービス/EC/iphone/android

» 投稿一覧
  • Launch Cart次世代ECサイト構築システム 初期月額無料
  • LaunchMovie ECに特化した動画制作サービス

Archive

ページTOPへ