Blog

【Mac】Java開発環境の整備

2012.12.05Cat:Java プログラマー

JSPとServletの開発をMacで行うため、Java開発環境の整備を行ってみました。

1、JDKのダウンロード

Oracleの公式サイトでは、Mac版のJavaEEを提供していないのようです。

JavaSEのダウンロードはできますが、servletの開発で必要なpackage(javax.servlet.http.HttpServletなど)がないから困りました。

Appleの開発者になったら、Appleの開発者サイトからJavaEEのダウンロードができるようですが、もうちょっと調べたら、下記のURLからMacのJavaEEもダウンロードできるからびっくりしました。

http://jdk7.java.net/macportpreview/

2、JDKのインストール

ダウンロードしたdmgファイルをインストールしたら、/Library/Java/JavaVirtualMachines/の下にJDKがインストールしていることが確認できます。

3、Eclipseでの設定

Eclipseで開発を行うから、JDKパスを設定する必要です。

Eclipseの環境設定から、Java>Installed JREsに「Add..」ボタンを押し、先インストールしたJDKのパスを入力して追加して、その設定の先頭のチェックボックをチェックすれば完了です。

EclipseでJSPとServletの開発を行うなら、WTPツールをインストールしたほうが便利です。

Eclipseのメニューで、Help>Install New Softwareから、Indigo(Eclipse3.7)の更新サイト(http://download.eclipse.org/releases/indigo) で「Web, XML, Java EE Development and OSGi Enterprise Development」の部分をチェックし進めば、インストールが自動に開始します。

4、Tomcatのインストール

Tomcatのサイトから、好きなバージョンをダウンロードできます。

自分がtomcat7.0のFull documentation版をダウンロードしました。

ダウンロードしたファイルを展開して、好きなパスに置きましたら、インストール完了になります。

5、Tomcatの起動と停止

コマンドラインで行います。

・起動

・停止

Author Profile

jeff_maj

システムエンジニア/1984年生/上海交通大学卒/Webサービス/EC/iphone/android

» 投稿一覧
  • Launch Cart次世代ECサイト構築システム 初期月額無料
  • LaunchMovie ECに特化した動画制作サービス

Archive

ページTOPへ