Blog

アフターコロナに突き進む中国の無人物流・交通革命

国際通貨基金が昨年10月の発表によると、2020年中国のGDPが唯一プラスになる。そんな中、今「アフターコロナ」に向けた計画が進んでいます。コロナを押さえ込むだけでなく、急スピードで経済復興を進める中で、今注目を集めているのが、「無人都市計画」です。人との接触を減らし、ビジネス効率を上げるAIロボットが今、飲食、病院、交通、サービス、物流など様々な業界で、急速に広がっています。

無人化が加速しているのは下記3つの現場です。

■中国初!公道を走る無人運転バス

中国江蘇省・蘇州市が今年立ち上げた「上路計画」は、街を走る公共の車を自動化しようという試みで、「自動運転バス」、「自動運転タクシー」、「無人清掃車」、「無人配送車」が運営を開始しています。これは、中国で初めて公道を走る無人運転の通常運行バスです。9人乗りの小ぶりのバスで、時速20~50kmで走行することができる。

■「1000個の棚が動く」無人倉庫

次に訪れたのは、アリババグループが運営するネットショッピング専用の倉庫。従来型の倉庫は、注文を受けたスタッフが貨物棚を歩き回り、商品を探していた。しかしこの倉庫では、注文に合わせて貨物棚が動き、スタッフに届けてくれる。このシステムを支えるのがAGVと呼ばれる無人搬送車です。この倉庫では常に1000台のAGVロボットが稼働しています。

新型コロナウイルスの流行を受けて、もともとネットショッピングが盛んであった中国であったが、以前にも増してネットショッピングが利用されるようになり、この倉庫では新型コロナ流行期間、注文量が以前の倍になったという。このような変化にも“無人化”が功を奏しました。この倉庫の現在の作業効率は人が作業する倉庫よりも300%アップしているそうです。

■天気も疲れも関係ない「デリバリーロボット隊」

浙江省杭州市にある名門大学・浙江大学。最近新しい無人化サービスの実験が行われています。「最後の3キロの配送」を専門とする、デリバリーロボット隊です。
客がネットで買った商品が先述の倉庫からトラックに乗せられ、大学構内にある宅配物センターに届くと、そこからがロボットの出番になります。このデリバリーロボットの形状を簡単に言い表すと「動くロッカー」。商品を載せてキャンパス内を自由自在に走り回り、障害物も避けながら、届け先の宿舎の前まで自動運転でやって来ます。

こちらはアリババグループが昨年11月、技術の発達とコロナ流行期間に中国人に根付いた“無接触”の意識が結びつき、実用化へと至ったという。無人化技術を開発研究する郭さんは「中国はもうすぐ1日の宅配物が10億個に上る時代がやって来る。そのような時代を目前にし、解決しなければならないのは「末端の物流」だと話しました。

中国は今、コロナ対策と経済復興を両立させています。そしてさらに、このコロナ禍をきっかけとして、より多くの業界で非接触型の無人化が進むと考えられます。

Author Profile

越境ECの最新情報

人気の記事

越境EC関連の記事

月から探す

ページTOPへ