Blog

ページング機能

2013.04.03Cat:PHP プログラマー

今回はページング機能について勉強した事を書きたいと思います。

まずは、データベースを作ってテーブルを作成します。

以下はページの番号が入力された場合の処理です。

次は例外のエラーがあった場合、エラーメッセージ表示する為の処理

一ページに何件目から何件目を表示するかを指定できるために$offset変数を作成する。
例えば:
$pageが1の時は5*(1-1)なので0件目から始まります。
$pageが2の時は 5* (2-1)なので5件目から始まります。

次は計算された$offsetと指定したCOMMENTS_PER_PAGEを使用してsql文でデータベースからデータを取得する

データベースから取得したデータを配列に入れる

データベースに登録している件数を取得する

取得した件数を指定したCOMMENTS_PER_PAGで割って、ページの合計を計算する

次は今表示しているページは何番目のページかを表示する為の処理です。
$offsetとCOMMENTS_PER_PAGEの合計が$totalより小さい場合はそのまま出力して、そうでない場合は$totalを出力する

Author Profile

poe

本心でやれば、できないことはない!。。。。。。

» 投稿一覧
  • Launch Cart次世代ECサイト構築システム 初期月額無料
  • LaunchMovie ECに特化した動画制作サービス

Archive

ページTOPへ