Blog

中国が個人輸入対策規制を実施か

2015.12.15Cat:EC プログラマー

中国が日本など外国からの個人輸入を近々規制する法律を施行するかもしれないとのニュースがあった

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151209-00000029-rcdc-cn

遅かれ早かれ何かしらの対策はされることは間違いないとは思っていたが
遂に来たという印象だ。

内容や時期は明示されていないが、中国のことだから急にということもありえる。

これを生業ちしている日本国内の中国人はもちろんのこと、受発注で日本→中国に商品を発送している業者も打撃を受けることになるだろう。

 

もしそうなった場合の脅威と対策を考えられる範囲でまとめてみた

 

配送について

おそらくEMSは使えなくなるだろう。

抜け道はあれどリスクが高くなることは間違いなさそう。

感覚的には、現在の中国税関でのストップ率は2%程度だが、
これが10%とかになるともうビジネスとしてはリスクが高すぎて実質利用不可になる。

そうなると、税関手続きを予め通しておく必要があり

これを解決してくれる代替サービスはこちら

http://www.y-logi.com/ygl/service/chinadirect/index.html

 

料金は契約によるため明確に比較はできないが、実際に使っている人の話によると
2〜3割程度EMSより高いという。

更に関税を事前に支払う必要があるため、消費者側からすると更に割高になる

ただ、規制が始まった場合、確実に届くというメリットはかなりでかい

 

サーバーについて

越境ECを手掛ける日本国内のサービスを中国がブロックするケースも考えられる

この場合は中国国内にあるサーバーで中国IPを使っていればOKな可能性が高い

http://www.bohan-it.com/jp/index.jsp

この当たりは日本語でのサポートもあり、良いらしい

また、香港のサーバーを使う中国企業が割りと多いということなので
香港のサーバーも良いかもしれない

「香港 サーバー」と検索するとたくさん出てくる

 

あと考えられることとしては、日本で言う特定商取引法的なものの表示が必須となった場合や
決済の加盟店になる条件が強化される場合などが考えられるが
これは予測不可能なので都度対応するしかなさそう

 

近々何かしらの動きがありそうなので、注目していきたい

Author Profile

hoshino
ECのことを中心に書きたいと思います。 ネタが無いときはプログラムやデザインのことも書きます。
» 投稿一覧
  • Launch Cart次世代ECサイト構築システム 初期月額無料
  • LaunchMovie ECに特化した動画制作サービス

Archive

ページTOPへ