Blog

中国経済の活力


小店の活力が回復:上海の26万店近い小店の売上高が前年同期を上回る
アリペイのデータによると、ここ2カ月の間に、上海の小店約26万店の売上高が前年同期を上回り、V字回復を遂げました。オンラインフードデリバリープラットフォーム「Eleme」のデータでは、上海の小店の5月の受注量は前年同期の90%近くまで回復し、前月比では20%増加しました。

「劉氏早餐店」のオーナーのリウさんは、「今自分の店の営業額は以前の40%まで回復し、デリバリー受注量が前年同期を超え、最近は1日で400件以上注文があります。店での営業とデリバリーの『両輪』で、店舗のリピート率が上がっただけでなく、6人分の雇用も生まれました」と話ししました。

新経済の成長源をつくる:「無人経済」の業態が活力示す
感染症発生後に新たなチャンスを迎えた新産業があり、「無人経済」はその中の1つです。無人カフェ、無人スーパー、無人小型車短距離貨物配達、ドローンによる上空からの観察・消毒作業などの応用シーンが、新しい業態の活力を示しました。

上海市長寧区のオフィスビルにはロボットカフェがあって、1日に300杯以上を売り上げ、ピーク時には100人以上が列を作り、深夜2時になっても注文する人もいたそうです。

調査会社の企査査がまとめたデータによれば、今年1-5月に、中国の新たに登録された無人小売関連企業は1837社に上り、前年同期比26.3%増加した。ロボット関連企業の新規登録数は6802社で、もう19年の半分を超えたという。「無人経済」の急速発展は科学技術の進歩によるものであり、その背後では便利で多様な生活に対する消費者の旺盛なニーズが動いています。

Author Profile

越境ECの最新情報

人気の記事

越境EC関連の記事

月から探す

ページTOPへ