Blog

csvアップロードとsprintf

2014.01.07Cat:PHP プログラマー

csvファイルをアップロードして、中身のデータをデータベースに挿入する。

しかし、全部のデータを挿入するのではなくて、必要な項目だけを取ってデータベースに入れる。

まず、csvファイルをアップロードして、ある場所にファイルを保存する。

次はデータを配列に入れる。

配列に入っているデータからどこの項目をデータベースに入れるかを決めて、挿入する。

sprintf を利用して書きます。

sprintf の形式は

型指定子として指定できる値をまとめました。

b 引数を整数として扱い、バイナリの数値として表現します。
c 引数を整数として扱い、その ASCII 値の文字として表現します。
d 引数を整数として扱い、 10 進数として表現します。
e 引数を科学記法として扱います (例 1.2e+2)。精度の指定子は、PHP 5.2.1
以降では小数点以下の桁数を表します。
u 引数を整数として扱い、符号無しの 10 進数として表現します。
f 引数を double として扱い、浮動小数点数として表現します。
F 引数を float として扱い、浮動小数点数として表現します。
o 引数を整数として扱い、 8 進数として表現します。
s 引数を文字列として扱い、表現します。
x 引数を整数として扱い、16 進数として(小文字で)表現します。
X 引数を整数として扱い、16 進数として(大文字で)表現します。

例えば:以下のように書きます。

Author Profile

poe

本心でやれば、できないことはない!。。。。。。

» 投稿一覧
  • Launch Cart次世代ECサイト構築システム 初期月額無料
  • LaunchMovie ECに特化した動画制作サービス

Archive

ページTOPへ