Blog

gitが使えるプロトコル

2014.02.25Cat:git プログラマー

gitでソースコードを取得するとき、たまにhttp://で取得できなかったものの、プロトコルを変えたら(https://かgit://に変更)うまく取得できたことがあります。
今回は、gitサーバー構築の観点で、gitが使える4つのプロトコルを紹介したと思います。

Localプロトコル

gitサーバーを開発チーム全員のアクセスできるリモートディスクなどに構築するときに使います。
Localプロトコルで、ソースコード取得(クローン)するのに、下記のコマンドを使います。

利点

・構築しやすい

欠点

・アクセスに制限あり(自宅には、会社のリモートディスクに容易にアクセスできない)
・転送速度はSSHプロトコルより遅い

SSHプロトコル

非公開のプロジェクトをgitサーバーで管理するのに、このプロトコルが一番広く使われています。
SSHプロトコルで、ソースコード取得(クローン)するのに、下記のコマンドを使います。

利点

・構築も容易
・ネットワークを越して認証をつけやすく、かつデータが暗号化されるなので安全
・容易に読み込み、書き込み権限をつけやすい
・転送速度は速い

欠点

・匿名アクセスを許可できない

gitプロトコル

すべての人に、読み込み権限を与えるプロトコルです。
SSHプロトコルと組み合わせて、一部の人に書き込み権限だけを与えることが可能です。

gitプロトコルで、ソースコード取得(クローン)するのに、下記のコマンドを使います。

利点

・転送速度が一番速い(暗号化と認証がないから)

欠点

・認証がないから、一部の人だけ書き込み権限を与えることができない
・専用ポートを開く必要ある
・gitとは別、特別なツール(centosならgit-daemon)をインストール必要ある
・構築するのに一番難しい

http/httpsプロトコル

http/httpsプロトコルを用いて、ウェブサーバーにアクセスできる人もリポジトリをクローンできます。

http/httpsプロトコルで、ソースコード取得(クローン)するのに、下記のコマンドを使います。

利点

・構築は比較的に簡単
・転送コンテンツを暗号化したり、特定の署名のSSL証明書で認証したりこともできる

欠点

・非効率(転送量が増える)

Author Profile

jeff_maj

システムエンジニア/1984年生/上海交通大学卒/Webサービス/EC/iphone/android

» 投稿一覧
  • Launch Cart次世代ECサイト構築システム 初期月額無料
  • LaunchMovie ECに特化した動画制作サービス

Archive

ページTOPへ