Blog

PHPUnitを使った単体テスト

2015.02.10Cat:PHP プログラマー

PHPUnitというテストツールを使って単体テストをする方法です。

はじめに

単体テストとは、システムの構成要素であるクラスやメソッド単位での動作を確認する作業のことを言います。

PHPにはテストツールとしてPHPUnitという単体テストのツールがあり、PHPUnitを利用するとクラス内のメソッドに対してテスト用のクラスを自動で生成し、効率よくテストすることができます。

PHPUnitを利用するメリットは、手動では面倒なテスト手順を自動化して繰り返し実行できるようになることです。

PHPUnitを利用して単体テストする場合のプロセスは
・テスト対象となるクラス、PHPプログラムの作成
・作成したクラスからPHPUnit内のクラスを用いてテスト用のクラスを作成
・作成したテスト用のクラスに目的に応じてテストメソッドの実体を記述
・テスト実行、結果の確認
となります。

PHPUnitのインストール

PHPUnitは、PHPの標準ライブラリ仕様であるPEAR(PHP Extension and Application Repository)ライブラリとして配布されており、pearコマンドを使って簡単にインストールして使用することができます。

・PHPUnitインストール

・PHPUnitインストール成否確認

 

 テストプログラムの作成

実行すると、hello world という文字列を返します。
次にテストを自動化してみます。
 

テスト対象のプログラム作成

PHPUnitでは、テストプログラムを作成するコマンドが用意されています。

・テスト用クラスを作成

これでHelloTest.phpが作成されました。
その中身が下記になります。

テスト実行

getMessage()メソッドが正しく”hello world”という文字列を返しているか確認するテストを書いてみます。
先ほど作成されたHelloTest.phpのtestGetMessage()を以下のように編集します。

その後、テストを実行するためのコマンドを実行します。

最後の行にOKと表示されたので、テストは成功したことになります。
他にもテストを実行するためのメソッドが用意されているので
色々試してみたいと思います。

 

Author Profile

  • Launch Cart次世代ECサイト構築システム 初期月額無料
  • LaunchMovie ECに特化した動画制作サービス

Archive

ページTOPへ