Blog

symfony2.1インストールメモ

2013.01.23Cat:Symfony プログラマー

symfony2.0からの変更点

1、バージョン(サードパーティ製プラグイン)管理に、symfony2.0がdepsを使ってましたが、composerが標準になっているので、symfony2.1がそれを使っています。
packagist.orgから、symfonyのプラグインを含み、composerでインストールできるいろなPHPのパッケージを見つかることができます。
2、symfony2.0がphp-xmlを必要なかったですが、symfony2.1からは必要になっています。

composerのインストール

下記コマンドを打ったら完了です。

php-xmlのインストール

これも1コマンドです。

ついてにsymfony2が勧めているライブラリもインストール

symfony2.1本体をインストール

簡単な1コマンドで、symfonyの標準バージョンがインストールされます。

php.iniで、timezoneとinternal_encoding(必須ではない)を直します。

開発者に便利なコマンド

1、まずバンドルを作成します。namespaceは任意の値に指定します。

2、バンドルで使うエンティティを定義します。Userというエンティティを作ります。

3、ついてにUserを作成、読取る、更新、削除(crud)の機能を一気に作ります。

4、最後に作ったエンティティに対応するDB側のテーブルを作ります。

これで開発が出来上がり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

はずありません!!
これから仕様書通りに機能を作り込まなければならないし、
途中で何かのエラーが出るかもしらないで、それを解決する必要です。

おまけ ーー composerを使ってサードパーティ製プラグインをインストールするには

例えば、ページャーのプラグインをインストールしたい場合は、
packagist.orgに、キーワード「pager」で検索してみます。
いろいろなパッケージが出てきますが、とりあえず一番目の「makerlabs/pager-bundle」をクリック見てみます。
最新バージョン(ここはdev-master)の下に書いたある「”makerlabs/pager-bundle”: “dev-master”」をsymfonyのcomposer.jsonの「”require”」項目に追加して、

をかけて、ライブラリ全体のアップデータ(新規インストール含み)が行って、「makerlabs/pager-bundle」を自動にインストールしてくれます。

おまけその2 ーー composer.json

composer.jsonの内容が分からないって?
ここに貼ります。

Author Profile

jeff_maj
jeff_maj
システムエンジニア/1984年生/上海交通大学卒/Webサービス/EC/iphone/android
» 投稿一覧
  • Launch Cart次世代ECサイト構築システム 初期月額無料
  • LaunchMovie ECに特化した動画制作サービス

Archive

ページTOPへ