Blog

可能性しかない!3Dプリンターの未来(ビジネス利用、ホビー利用)

2016.02.09Cat:Blog 営業

3D業界の方とお話しする機会がありました。

http://compe.sterfield.jp/editor/shade3d/
 

いま3Dプリンターの利用法は、大きく分けて、ビジネス利用とホビー利用に分けられます。

それぞれの代表的な使い方のご紹介!

 

ビジネス利用

 

すごいですね。

メリットとしては、現地で出力すればいいので輸送費がかからない、データを書き換えることで簡単に改変可能、3Dプリンターでなければ実現不可能な形状の作成、などが挙げられます。

 

ホビー利用

 

日本で火が付くのはこっち系なような気もします。

 
 

しかし業界的にはまだまだ模索中のようです

さまざまな可能性がある3Dプリンターですが、実は業界のなかの人にとっては、「実際ほんとに便利なの?」というのは耳の痛い問いかけだそうです。

2000年代中盤に特許が切れ、一気に価格が下がった3Dプリンター。

日本でもプチブームがありましたが、本当のブレイクはこれからでしょう!

 

Author Profile

HashimotoHiroki
HashimotoHiroki
1984年香川県生まれ。 早稲田大学第一文学部哲学専修卒。 三味線奏者、豆腐屋、八百屋を経て、現在はスターフィールド株式会社で、あらゆる日本企業を世界進出させるべく越境ECの普及に力を注ぐ。 特に中国、台湾向けECカート導入がメイン業務。
» 投稿一覧

越境ECの最新情報

人気の記事

越境EC関連の記事

月から探す

ページTOPへ