Blog

vuforiaとunityを使ってARを作ってみる その2

2016.05.11Cat:Blog その他 アプリ 制作

前回、vuforiaからunityにインポートするためのデータベースをダウンロードするところまでを書いたので、その続きです。

vuforiaからSDKをダウンロードする

2

unityでARを構築するためのSDKをダウンロードします。vuforiaのデベロッパー向けページの「ダウンロード」からDownload for Unityを選んでください。

さらにVuforiaのライセンスキーをDevelopのLicense Managerから獲得しておいてください。

unityにインポートする

1

VuforiaからダウンロードしてきたものをUnityにインポートします。AssetsのImport Package→Custom PackageからデータベースとSDKを選択して下さい。

インポートしたものはAssetsフォルダ内に入ってくれます。

3

vuforia/prefabsの中にあるARcameraとImageTargetをシーン内にドラッグして追加します。

4

ARcameraの設定

それぞれシーン内のゲームオブジェクトの設定を行います。まずはARcameraのVuforia Behaviorにライセンスキーをコピペします。

続いてDatebase load Behaviorのload ar_test Databe と Activateにチェックを入れます。

Image Targetの設定

Image Target BehaviorのDatabaseとImage Targetのプルダウンがemptyになっているので、Vuforiaで作成したデータベースと画像のファイル名を選択します。WidthとHeightも設定しておきます。

3Dオブジェクトをインポートする

先ほどのようにメニューのAssetsからインポートして良いですし、Unityのプロジェクトが保存してあるフォルダ内のAssetsに直接入れても構いません。

5

インポートした3DオブジェクトはImage Targetの子供にしておいてください。

Android studioと追加でSDKをインストールする

後はビルドするだけですが、プラットフォームによってはビルドするためにSDKが必要になります。

今回はAndroid向けのアプリ(apkファイル)として出力するので、それに必要なSDKをPCにインストールします。既に入っていればもちろん必要ありません。

Android SDK 単体でも良いのですが、Android studioの方が色々とできるようなので、ちょっと重いですが今回はstudioをインストールしました。

こちらからダウンロードできます。http://developer.android.com/intl/ja/sdk/index.html

今回テストするスマホのAndroidが5.1だったので、Android studioのSDK managerから5.1向けのSDKもインストールしました。

いよいよビルド

6

fileのBuild SettingからAndroidを選んでBuildして下さい。アラートが出たらPlayer Settingsが不十分な場合があります。

できた!

書き出されたapkファイルをスマホで開くとこんな感じになります。

7

次はアニメーションを付けてみたいと思います。

Author Profile

  • Launch Cart次世代ECサイト構築システム 初期月額無料
  • LaunchMovie ECに特化した動画制作サービス

Archive

ページTOPへ