Blog

WEBアニメが動画編集の感覚で作れるAdobe Edge Animate

2015.08.03Cat:Blog アプリ 制作

Adobe CCを利用しているのですが、普段はPremiereやAfter effects 、Photoshop、Illustrator くらいしかつかっていません。せっかく利用できるのに勿体ないので他のアプリケーションはどんなものかと触ってみたらEdge Animateがかなり使えそうな感じがしました。

demo1
demo2

Edge AnimateはWEBアニメーションを作るためのアプリケーションで、動画編集をしているような感覚で作成できるのでPremiereに慣れている人ならすぐ使いこなせると思います。

01

jpgやpngの素材をインポートとしてキーフレームなどを使ってアニメーションを付けていくので動画編集と非常に操作が似ています。

03

アニメーションを組んだら、編集のパブリッシュで書き出します。

02

作成したアニメーションは1つのdivとjavascriptのファイルとして書き出す事ができます。

idがStageとなっているdivがアニメーションになります。1つのdivにまとまってくれるので、HTML上で都合のいい場所に配置できるのでかなり便利です。もちろんflashが動かない環境でも大丈夫ですし、videoタグのように容量もそれほど重くありません。

cssやcanvasを使わずにDOMの操作によってアニメーションを作るのでバグがほとんど起きません、つまりデバイスをあまり気にせずアニメーションを埋め込めるので重宝しそうです。

Author Profile

  • Launch Cart次世代ECサイト構築システム 初期月額無料
  • LaunchMovie ECに特化した動画制作サービス

Archive

ページTOPへ